【トピックス】遊べるミニチュアシリーズ「保津川下り やじろべえ」「渡月橋 はしわたし」が、嵐山(京都)土産店舗ほかにて発売!

02

ヘソプロダクションより、遊べるミニチュアシリーズ「保津川下り やじろべえ」「渡月橋 はしわたし」が登場。2020年7月23日(木)より、嵐山(京都)土産店舗ほかにて発売予定です。

また、トロッコ嵯峨駅(嵯峨野観光鉄道)にて先行販売が行われているほか、ヘソプロダクションECサイトでは期間限定で販売中です。

 

以下、プレスリリースより抜粋。

企画・発売元は数多くの商品を手掛けている株式会社ヘソプロダクション(所在地:大阪市福島区、代表取締役:稲本ミノル)、製造元はご当地おみやげカプセルフィギュア『フィギュアみやげ®』を展開している、株式会社ケンエレファント(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:石山健三)が担当。

「遊べるミニチュアシリーズ」は、旅行の思い出をフィギュアとして持って帰り、自宅で遊びながら楽しかった旅を思い出せるよう開発した商品となります。当シリーズは、今後も各地の観光名所の監修協力を頂きながら、「遊びながら楽しかった旅を思い出す」をテーマに新商品の開発を続けて参ります。

造形・製品企画は造形師・カミロボ作家の安居智博が担当。
テレビや映画の特撮造形を経て、キャラクターフィギュアの造形師として多数のフィギュアを造形。幼少の頃から作り続けている紙工作「カミロボ」の作家としても活動。

■ラインナップ紹介

・保津川下り やじろべえ
船の先端に軽く触れる事で、ゆらゆらと動くミニチュアフィギュアです。保津川下りを思い描きながら遊べる商品となります。

[造形師]安居智博の制作メモ
『職人の遊び心』のような感覚をフィギュアに出来ないかな…と考えながら作りました。クルクル回しながら旅のひと時を思い出していただけたら、と思います。

 

・渡月橋 はしわたし
湯呑のフチに乗せれば、嵐山の名所「渡月橋」の再現が…?!お茶を出されたお客様の反応も楽しめます!

[造形師]安居智博の制作メモ
間違った『ジャパニーズ WABI-SABI』をイメージしながら落書きしてみたら、そのまま商品になってしまいました…。伝統的なジャパニーズスタイルとしてご使用下さいませ…。(笑)

 

商品概要

商品名:遊べるミニチュアシリーズ「保津川下り やじろべえ」「渡月橋 はしわたし」
発売日:2020年7月23日(木)
※2020年7月18日よりトロッコ嵯峨駅(嵯峨野観光鉄道)にて先行販売
※2020年7月18日12時よりヘソプロダクションECサイトで期間限定販売(https://heso.base.shop/
価格:各1,200円(税抜)
取扱場所:嵐山(京都)土産店舗、嵯峨野観光鉄道店舗、保津川遊船店舗、京都駅駅ナカ店舗など

企画・発売元:株式会社ヘソプロダクション
製造元:株式会社ケンエレファント
造型師:安居智博

保津川遊船企業組合監修

 

※本リリースに掲載されている情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。

ヘソプロダクションECサイト

ツイート
Top