容量3リットル(30人前)のプリンが作れる!圧倒的な存在感「超ギガプリン3.0」がタカラトミーアーツから10月下旬発売

gigapudding_01

タカラトミーアーツから『超ギガプリン3.0』が2015年10月下旬に発売する。2008年にタカラトミーから発売され、大きな話題となった『ギガプリン』、今回発売される『超ギガプリン3.0』はそこからさらにサイズが150%もパワーアップし、容量は3リットルとおおよそ30人(学校のひとクラス)分、一般のお店で販売されているプリンの約30倍の容量の大型プリンを作ることができる。容姿、存在感共に、まさに新星の “プリン界のプリンス”というべき存在だ。

gigapudding_02

▲左が前作「ギガプリン」、右が今回の「超ギガプリン3.0」。容量が150%アップしている。

gigapudding_03

▲一般のプリン(左端)との対比。その差はなんと30倍。

作り方はとても簡単。同梱の「プリンの素」を、市販の牛乳1リットルとともに鍋で溶かし、バケツに移した後さらに牛乳1リットルを加え、そこにお湯で溶いた「カラメルソースの素」を入れる。10時間以上冷やした後、固まったプリンが入ったバケツをひっくり返してお皿にあければ、ドスンというプリンらしからぬ重量感に溢れた音と共にギガプリンが出現する。カラメルソースは比重が重いので、後から注いでも底に溜まる仕組みになっている。

前商品『ギガプリン』からは対比150%もの巨大化に成功し、重さも一キロ増量。中途半端なリニューアルにならないようすべてにおいて妥協を許さず、今回の『超ギガプリン3.0』が誕生した。そして、見た目だけで終わらないよう甘さを控えめに、飽きがきづらくなるような味を目指しプリンの素を調合している。2リットルの牛乳を加えることで、よりなめらかな味わいになるそうだ。

大人数のパーティーにも、「一人で死ぬほどプリンを食べたい」という人生の夢を叶えるのも、大きなプリンの周りに小さなプリンを侍らせて「親子プリン」を楽しむのもOK!超でっかい『超ギガプリン3.0』は2015年10月下旬発売予定。6月20日から一般公開開催の「東京おもちゃショー2015」でも実演予定だ。

 

製品概要

gigapudding_04

■商品名:『超ギガプリン3.0』
■希望小売価格:3,980円/税抜
■パッケージサイズ:W220mm×H 230mm×D 220 mm
■重さ:660g
■内容:本体バケツ 1個、プリンの素 1袋、カラメルソースの素 1袋、ギガスプーン 1個、取扱説明書
■対象年齢:15歳以上
■取扱い場所:全国の雑貨店、量販店、玩具専門店 などの玩具売場ほか

 

タカラトミーアーツ『超ギガプリン3.0』公式サイト

©T-ARTS


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top