【トピックス】「ヘキサギア」より、ボルトレックスから大きく姿を変えた“後継機”とも言うべき機体、ボルトレックス・ラース登場!

02

コトブキヤが展開する「ヘキサギア」より、ボルトレックス・ラースが登場。
2021年11月発売予定です。

 

【機体解説】
かつてSANATによって関連工廠ごと接収されたボルトレックスは、その優秀な性能を認められ主力第三世代ヘキサギアとしてMSGヴァリアントフォースに配備されることとなった。その後も継続して製造され続けた同機は、徐々に様々な改修や仕様変更を重ねていった。
ボルトレックス・ラースはその中でも突出して大きく姿を変えた“後継機”とも言うべき機体となっている。

原型機からの最も大きな変更点は、システムコンバート及びビークルモードの完全な撤廃であろう。特に脚部の駆動系は車輪を省略したことで構成そのものが変わり、最新のヘキサグラム応用技術が投入されてこれまで以上に大きく人工筋肉化した。これによって歩行を含む運動性能や柔軟性は原型機と比較にならないほど拡大強化されている。先端にはプラズマによって対象を溶断する鉤爪状のブレード「プラズマタロン」 が装備された。

「プラズマキャノン」の方はさしたる仕様変更なく引き継がれたが、装備方式を脚部の運動から完全に切り離された形に改められて射撃時の安定性や操作性が向上している。頭部には新たに「プレデターバイト」と呼ばれる複合兵装をも備えることとなった。
こうした一連の仕様は主として戦闘能力向上の為にゾアテックスに特化することを意図しており、過去にはアグニレイジで採用された手法でもある。結果、危険なほど強暴化して発現する獣性は当然制御が難しく、イグナイトをはじめとした搭乗ガバナーにも装備の改修や躯体の強化を要求することとなった。しかし同機はそれらの高い運用コストに見合うだけの充分な戦闘能力の獲得に成功し、ロード・インパルスなどの第三世代ヘキサギアに対して格闘戦でも優位に立つことを可能とした。

この高い戦闘能力に偏重する傾向は、充分な数の第三世代ヘキサギアが戦場に供給されるようになったことで新たに生まれた需要と言われている。つまりこれまでのように広大な戦域を短期間で戦い渡り歩く機会が薄れ、より狭い担当戦域に集中して戦うよう戦場の様相が変化したのであった。
故にリバティー・アライアンス側でも同じような動きが見られ、まるで対抗するかのように時を同じくして強力な第三世代ヘキサギアが群れをなして戦場に姿を現すことになる。

搭載武器
■プラズマキャノン
■プラズマタロン
■プレデターバイト
■グラップルカッター
■ガトリングガン
■ヘッドブレード
■テイルブレード
■グラビティ・コントローラー

【商品仕様】
■股関節ユニットは完全新規設計となり迫力あるポージングをとらせることができます。
■脚部先端のプラズマタロンはそれぞれの指が独立して可動し表情を付けることが可能です。
■ガトリングガンは付属のアタッチメントを使用することで別売りのウェポンユニット30 ベルトリンクを取り付けて総弾数を強化することができます。
■テイルブレードの基部は新規パーツを使って構造を見直し、左右へと可動するようになった他、収納時にはロック機構により遊びやすくなりました。
■コックピットはハンドルユニットやステップユニットが新規造形になっておりガバナーのライディングがしやすくなりました。特にステップユニットはガバナーを搭乗させやすいように可動式となっています。
■プラズマキャノンはボルトレックス・ラース本体に搭載する他、取り外して別売りのガバナーに持たせることが可能です。
■頭部のプレデターバイトは上下に開閉可能。両頬には付属の拡張マウントパーツを取り付けることが可能です。
■大腿部拡張用ジョイントパーツにより幅広い組み換えをお楽しみいただけます。

【付属品】
■ボルトレックス・ラース本体×1
■大腿部拡張用ジョイントパーツ×2
■ガトリングガン拡張用アタッチメント×1
■拡張マウントパーツ×1
■アーカイブカード×1

商品概要

商品名:ボルトレックス・ラース
サイズ:全高約165mm(1/24スケール)
価格:7,480円(税込)
発売予定:2021年11月

 

ヘキサギア ボルトレックス・ラース 1/24 キットブロック 商品ページ

© KOTOBUKIYA

ツイート
Top