【トピックス】ホットウィールから『ワイルド・スピード』シリーズ劇中車の日本車のみで構成したシリーズが登場!

01

ミニカーブランドHot Wheels(ホットウィール)から、「ワイルド・スピード プレミアムシリーズ ファスト・チューナーズ」が4月中旬より発売予定。
カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズに登場する劇中車のうち、 日本車のみでラインアップされています。

 

以下、プレスリリースより抜粋。

ホットウィールは、1968年に販売を開始し2018年に発売50周年を迎えた、販売台数世界一のダイキャストカーブランドです。
発売以来、60億台以上を製造し世界中の子どもたちに親しまれてきました。子どもたちの成長とともに、現在ではコレクターアイテムとしても発展し、子どもから大人まで、幅広い年齢層に支持されています。

このたび発売する「ワイルド・スピード プレミアムシリーズ ファスト・チューナーズ」は、全世界累計興行収入が5000億円を突破した『ワイルド・スピード』シリーズに登場する日本車をリアルなデコレーションで再現したプレミアムダイキャストカーシリーズの最新作です。

今回のシリーズでは、『ワイルド・スピードX2』に登場するマツダ RX-7から『ワイルド・スピード MAX』に登場するニッサン・シルビア(S15)やニッサン 240SX(S14)まで、全部で5車種のラインアップとなっています。中でも、ホンダ・シビックEGと2016スバルWRX STIは、新金型でシリーズ初登場となります。ホンダ・シビックEGは、1990年代に登場して、これまでのシビックの中でも優れた乗り心地とハンドリングを実現し、このスポーティーなイメージから人気のある車種です。また2016スバルWRX STIは、モータースポーツをはじめとする様々なドライビングシーンで、多くのドライバーを魅了してきた車種です。

ヘッドライトやエンブレム類など細部にこだわっているアソートは、『ワイルド・スピード』シリーズファンもホットウィールファンも必見です。

 

▲マツダRX-7 FD、ニッサン・シルビア(S15)、ニッサン240SX(S14)、ホンダ・シビックEG、2016スバルWRX STI

 

商品概要

商品名:ワイルド・スピード プレミアムシリーズ ファスト・チューナーズ

メーカー希望小売価格:各700円(税抜)
発売日:2020年4月中旬より順次発売
対象年齢:3才以上
サイズ(cm):W13.3×D4.1×H16.5
発売元/販売元:マテル・インターナショナル株式会社

 

ホットウィール 公式Facebook

マテル(Mattel) 公式サイト

© Universal City Studios LLC. All Rights Reserved.

ツイート
Top