【トピックス】ウルトラマンのマーベル・コミックス『THE RISE OF ULTRAMAN』のカバーイラストを公開!

02

円谷プロダクションとマーベル・エンターテイメントが新たに展開するコミックス『THE RISE OF ULTRAMAN』のカバーイラストが公開されました。
第1巻は、カイル・ヒギンズ氏とマット・グルーム氏による脚本と、フランチェスコ・マンナ氏による作画で、初期のウルトラマンシリーズに立ち返ります。

 

以下、プレスリリースより抜粋。

☆『THE RISE OF ULTRAMAN』第1巻は、カイル・ヒギンズとマット・グルームによる脚本とフランチェスコ・マンナによる作画で、世界的現象を巻き起こした初期のウルトラマンシリーズに立ち返る!

カイル・ヒギンズ(代表作:「マイティ・モーフィン・パワーレンジャー」、「ウインター・ソルジャー」)とマット・グルーム(代表作:「セルフ/メイド」)という創作能力に定評のある二人が手を組み、その卓越したスキルで綴られた物語と、ジェイソン・アーロン「アベンジャーズ」やダン・スロット「ファンタスティック・フォー」などの作画を手掛けたフランチェスコ・マンナの驚異的な作風が結合します。3人ともウルトラマンシリーズのファンであり、長年愛され続けた「ウルトラマン」の原点に立ち戻り、放送当時のファンから新世代のファンの方々まで、「ウルトラマン」をもう一度お届けします。

■カイル・ヒギンズ氏コメント
数年前、パワーレンジャーを手掛けたおかげで、特撮について勉強することができました。
特撮の斬新さや閃き―特に、ウルトラマン―が、私の大きな喜びの源になっています。
特撮は“可能性の塊”です。私たちが考えるスーパーヒーローの語り口まで、可能性に満ちています。

■マット・グルーム氏コメント
怪獣は、我々の世界の闇や恐怖の具現化として表現されてきました。しかし、円谷英二さんほど、迫りくる切実で膨大な問題として理解している人はいませんでした。
彼は、私たちの頭上に迫る暗闇を摩天楼のようなものとして想像していたのではないでしょうか。それは日常とかけ離れた、未知で、怒りに満ちているものです。しかし、彼は同時に人類が巨大怪獣に立ち向かい、戦う場面も想像したのでしょう―私たちが最悪の衝動を乗り超えて、もっと高貴な存在を受け入れて。彼が想像したのは「ウルトラマン」でした。
我々のいる複雑で、矛盾した、嘘まみれの社会において、「ウルトラマン」は何を意味しているのでしょう。それを、これから見つけ出していきたいです。

昨年11月、円谷プロダクションとマーベル・コミックは、「ウルトラマン」を新しいコミックスとしてシリーズ化するという画期的なコラボレーションを発表しました。「ウルトラマン」は1960年代の誕生から不動の人気を博すヒーローであり、ワクワクさせる物語がテレビや映画、誌面に何度も描かれています。今回、マーベル・コミックもその長い歴史の1章を加筆することになります。『THE RISE OF ULTRAMAN』の第1巻に何が描かれるのか、楽しみにお待ちください!

 

Ultraman artwork by Ed McGuinness and Matthew Wilson

ツイート
Top