【トピックス】BANDAI SPIRITSがプラモデル新工場「バンダイホビーセンター新館」を静岡県に建設!

02

▲バンダイホビーセンター外観(現在)

BANDAI SPIRITSが、プラモデルを生産する新工場「バンダイホビー センター新館」の建設を発表。静岡県静岡市葵区長沼にあるバンダイホビーセンターの敷地内に建設され、2020年秋より稼働予定です。

 

以下、プレスリリースより抜粋。

◆生産能力強化の背景
BANDAI SPIRITSは、1969年(当時バンダイ)に静岡県清水市に工場を取得しプラスチックモデルの生産を開始。1980年より販売したガンプラは、2019年4月に累計出荷数5億個を突破する人気商品となっています。
現在のバンダイホビーセンターが竣工した2006年度のガンプラの年間出荷数は660万個でしたが、ガンプラの需要に対応すべく同工場内に多色成形機を増設するなどを行い2018年度は1,573万個と約2.4倍に拡大しています。

ガンダム40周年となる2019年は、プロ野球12球団やユニクロとのコラボレーション、新作映像『SDガンダムワールド 三国創傑伝』の中国を軸とするアジア展開、新メディアとして株式会社サンライズが開設したガンダム公式YouTubeチャンネル『ガンダムチャンネル』でのアニメーション最新作『ガンダムビルドダイバーズ Re:RISE』を10月に配信予定など、さまざまなガンプラ展開を行っています。

更にガンプラ40周年を迎える来年は、横浜・山下ふ頭での実物大の動くガンダムの登場やハリウッドでガンダムの実写映画が制作される予定(公開時期未定)など、引き続き国内外でガンプラの需要が高まると予想する中、中国及び北米を中心とした更なる成長への対応と、中長期的に安定した生産体制に備えるべく、新たな工場の建設を決定しました。

02

 

◆「バンダイホビーセンター新館」概要

着工時期:2019年12月予定
稼働時期:2020年秋以降
建設内容:現ホビーセンターの敷地内に成形建屋を作り、多色成形機6台を増設
建設後多色成形機台数:35台(電動25台/油圧10台)※グループ会社含む
建設目的:国内外で高まっているプラモデルの需要に対応するため
建設効果:現状の約1.4倍の生産が可能(2019年8月対比)
建物呼称:バンダイホビーセンター新館※それに伴い、現バンダイホビーセンターは本館となります
全体敷地面積:12,261 m²
延床面積:「本館」8,767m²(3階建て)/「新館」1,488m²(平屋)
従業員数:125名(請負含め従事者:150名)(2019年8月現在)

◆「バンダイホビーセンター新館」の特徴
新館建設に伴い下記設備などを新たに導入予定です。
1.小型AGV2台(AGV=自動搬送機)による効率化
2.成形画像検査機による不良成形品の混入防止対策
3.生産成形管理システム(見える化)によるリアルタイムでの把握、効率性のアップ

◆バンダイホビーセンターについて
バンダイホビーセンターは、BANDAI SPIRITSのガンプラをはじめとしたプラモデルの生産拠点として静岡県静岡市葵区長沼にて2006年に竣工しました。
バンダイホビーセンターでは、自社のオリジナル技術である1つの金型に4つの色、4つの異なる素材を同時に成形できる特別な成形機「4 色射出成形機」を使うことで、単色成形では4枚になるランナーが多色成形では1枚になるなどプラモデルの作りやすさや組立後のカラーリング再現の追求を行うと共に、使用電力量の低減や使用材料の省資源化といった環境負荷低減も目指しています。
現在も多色成形技術を活用したさまざまな技術を生み出しプラモデルを進化させています。

02

▲4色射出成形機(多色成形機)

02

▲多色成形機で4色成形したランナー

 

※プレスリリースの内容は2019年8月2日現在のものであり、予告なく変更する場合があります。

株式会社 BANDAI SPIRITS HP

バンダイホビーセンター HP

©創通・サンライズ


Top