【トピックス】鬼才・永井豪の画業50年「突破」を記念した大展覧会が、9月に東京・上野の森美術館で開催!

※この記事は1年以上前の記事であるため、一部情報が変更されている場合がございます。

02
マンガ界の鬼才「永井豪」氏の画業50年突破を記念した展覧会「永井GO展」が、9月14日(土)~29日(日)に東京・上野の森美術館で開催。6月9日(日)より、各プレイガイドにて前売り券が発売されます。

本展覧会では、デビューから最新作まで、直筆マンガ原稿やカラーイラストなど600点以上が展示されるほか、9月14日(土)と9月22日(日)には「永井豪」氏によるサイン会が開催されます。

 

以下、プレスリリースより抜粋。

開催趣旨・みどころ

マンガ界の鬼才・永井豪は、社会現象を巻き起こした「ハレンチ学園」、マンガ界の歴史に燦然と名を残す「デビルマン」、巨大ロボットマンガの金字塔「マジンガーZ」など、さまざまなジャンルの作品を世に送り出しました。これまでに発表した作品数は350を超え、その無限ともいえる創造力は、現在も留まることを知りません。

画業50年突破を記念して開催する本展覧会では、デビュー作から最新作まで、貴重な直筆マンガ原稿、カラーイラストなど600点以上を展示。「鬼・悪魔」「ロボット」「ギャグ」「魅力的なヒーロー・ヒロイン」というジャンル別に紹介します。

このほか、「マジンガーZ」や「デビルマン」の世界観をイメージしたエリアや普段は表に出ることのない秘蔵資料なども会場内で見ることができます。また、永井豪デビューまでの道のりをマンガ化した作品、イラスト作品も新規制作、本展覧会で初公開します。永井豪が創り出したイマジネーションの世界を存分にお楽しみください。

※なお、本展覧会は昨年9月8日~24日に開催した大阪展(大阪文化館・天保山)、今年7月20日~8月25日に開催される石川展(石川県立歴史博物館)を巡回し、東京展の開催となります。

 

永井豪サイン会

9月14日(土)と 9月22日(日)のいずれも14時から上野の森美術館内で開催します。定員100名。事前応募制(希望者多数の場合は抽選)。応募方法など詳細は公式HPでご確認ください。

 

開催概要

会期:9月14日(土)~29日(日)会期中無休
開館時間:10時~17時(入場は閉館の30分前まで)
会場:上野の森美術館
前売り券:一般・大生1400円、高校・中学生800円、小学生以下無料 ※当日券は200円増し
主な販売場所(6月9日から):
チケットぴあ
ローソンチケット
e+(イープラス)
主催:産経新聞社、永井GO展実行委員会
特別協力:ダイナミックプロダクション、ダイナミック企画

 

「永井GO展」 公式ホームページ

ツイート
Top