【トピックス】自分の描いた絵が立体化​してアプリの中で動き出す!『クラフトカー​ドゲーム ドットヒーローズ』が登場!

※この記事は1年以上前の記事であるため、一部情報が変更されている場合がございます。


バンダイより、カードゲーム『クラフトカードゲーム ドットヒーローズ』が登場。

本商品は、専用カードにドットで描いたヒーローがスマートフォンのアプリ内で自動で立体化され、その立体化されたドットヒーローを使ってゲームを楽しむことができる史上初のカードゲームです。

発売は2019年3月。同タイミングで専用アプリが配信される予定です。

以下、プレスリリースより抜粋。

本商品は、カード事業30周年を迎えたバンダイがおくるリアルとバーチャルを融合させたカードゲームで、「自分が描いたドット絵のヒーローが動き出す」夢のカードバトルです。遊び方は、はじめに色鉛筆などで、専用カードのマス目状のガイドラインに合わせてドットのオリジナルヒーローを描きます。次に、ヒーローを描いたカードを、専用のアプリでスキャンすると、ヒーローが自動で立体化され、3Dのドットヒーローが誕生します。最後に、「地球に次々と襲来するモンスターを倒し、地球を救う」というミッションをクリアするため、作成したドットヒーローとアプリ内のモンスターをバトルさせるというゲーム内容です。

バンダイは今後も、ユーザーが自由な発想で描いたカードを使ってアプリで遊べる「クラフトカードゲーム」シリーズを順次拡大させていく予定です。

▲カード(左・白紙状態/右・イラスト描画イメージ)

 

▲アプリイメージ(ヒーロー立体化シーン)

 

▲アプリイメージ(立体化されたヒーロー)

 

 

商品概要

【遊び方】
(1)19×19のマス目状の部分に、オリジナルヒーローの絵をドットで描きます。
※色鉛筆・カラーペンなど各種筆記用具の使用が可能です。
※アプリ内で販売するデジタルカードでも遊ぶことができます。

(2)専用アプリのカメラモードでカードをスキャンすると、描いたヒーローが自動的に立体化され、そのステータスが表示されます。
※描いたヒーローに使用した色をその比率や描いた絵が、ゲーム内でのヒーローの属性や強さ(ステータス)に影響します。カードには4つのレアリティがあり、レアリティが高いと、アプリで読み込んだ際により強力なドットヒーローが生まれます。

(3)立体化されたドットヒーローを使って、アプリに登場するモンスターと戦います。
※3体のドットヒーローを同時に戦わせます。

 

クラフトカードゲーム ドットヒーローズ

発売日:2019年3月
価格:240円・税8%込/223円・税抜 ※アプリ内でのカードパック購入も同額
カードサイズ:H86mm×W59mm(マス目状部分 H50mm×W50mm)
ラインアップ:全40種
主な販売ルート:全国の玩具店、家電・量販店の玩具売場など
対象年齢:6歳以上

 

【アプリ】
プラットフォーム:【対応OS】iOS 11 以降、Android OS 5.1 以降予定
配信日:2019年3月配信予定
料金:基本プレイ無料(アプリ内課金あり)
プレイ人数:1名

 

『クラフトカードゲーム ドットヒーローズ』公式サイト

©BANDAI

ツイート
Top