【トピックス】電柱等を活用したラッピングポスターの共同実証試験「理由(ワケ)あって、門前仲町!」が本日12月13日(木)より実施!

※この記事は1年以上前の記事であるため、一部情報が変更されている場合がございます。


TVアニメ『アイドルマスター SideM 理由(ワケ)あってMini!』より、電柱等を活用したラッピングポスターの共同実証試験「理由(ワケ)あって、門前仲町!」を、本日12月13日(木)より実施。
江東区門前仲町2丁目および富岡1丁目エリアにて、ラッピングポスターの設置が行われます。

以下、プレスリリースより抜粋。

電柱等を活用したラッピングポスターの共同実証試験「理由(ワケ)あって、門前仲町!」の実施について
~地域活性化への貢献を目的に男性アイドルプロデュースゲーム「アイドルマスター SideM」が地元とコラボします!~

江東区(区長:山﨑孝明)と深川仲町通り商店街振興組合(本部:東京都江東区、理事長:石島龍治、以下「仲町商店街」)、株式会社バンダイナムコエンターテインメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:大下聡、以下「BNE」)、株式会社バンダイナムコスタジオ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:中谷始、以下「BNS」)、東京電力パワーグリッド株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子禎則、以下「東電PG」)は、電柱等を活用したラッピングポスターの共同実証試験を実施します。
なお、電柱と配電地上機器※を同時にラッピングする取り組みは全国初となります。

共同実証試験は、2018年12月13日(木)~2019年1月14日(月)の間、江東区門前仲町2丁目および富岡1丁目エリアにて、江東区と仲町商店街が地域振興の観点で中心となり、BNEおよびBNSがコンテンツの提供・監修、東電PGがラッピングポスターの準備・設置を行います。

共同実証試験では、東電PGの所有する電柱や配電地上機器に、BNSが制作補助、BNEがサービスを提供する「アイドルマスター」シリーズ初の男性アイドルプロデュースゲーム、「アイドルマスター SideM」より、スピンオフアニメ「アイドルマスター SideM 理由(ワケ)あってMini!」のキャラクターをラッピングします。「アイドルマスター SideM」はTVアニメの舞台を門前仲町としているなど、町にとっても縁のある作品となっています。

このため、江東区としては期間中、「アイドルマスター SideM」のユーザーをはじめとした新たな層の来街者を期待するとともに、ラッピング箇所や名所を巡った後に地元で飲食をしていただくことで、地域活性化へ大きく貢献できるものと考えております。
江東区、仲町商店街、BNEおよびBNSと東電PGは、本共同実証試験を通じて、有用性や実現性、今後の展開可能性について検証を行うとともに、更なる地域活性化への貢献策の検討等、引き続き積極的に取り組んでまいります。

※電柱に設置している変圧器や開閉器を地上のボックスに納めた電気設備

 

「理由(ワケ)あって、門前仲町!」特設サイト

©BNEI/WakeMini

ツイート
Top