【フォトレビュー】『エイリアン』 ビッグチャップ 1/3スケール・スタチュー[豆魚雷]

メイキングブック『THE BOOK OF ALIEN』に掲載され、ファンに衝撃を与えた全身写真
細部の細部の細部まで再現した「問題作」をあみあみで撮影させていただきました!

このスタチューのために集結した、藤本圭紀氏、PSYCHO MONSTERZの三島わたる氏、大日本工房の榎本龍彦氏、そしてプロデューサーを務めるのは豆魚雷の原田隼氏!
業界屈指のエイリアン・マニアが集まり、溢れんばかりの愛と情熱を注ぎ込んだ「エイリアン/ビッグチャップ」をあみあみ撮り下ろし画像で紹介いたします!

 

▽解説
原型・ペイントマスター制作:藤本圭紀
制作協力:三島わたる(PSYCHO MONSTERZ)、榎本龍彦(大日本工房)
プロデューサー、ディレクター:原田隼(豆魚雷)

史上最も美しい怪物、“ビッグチャップ”。
スイスの芸術家・H.R.ギーガーの手によって産み落とされたクリーチャーは、しかし『エイリアン(’79)』劇中においてその全容をはっきりと確認することはできませんでした。
公開当時、衆目に触れた唯一の“ビッグチャップの全身の姿”――それが、メイキングブック『THE BOOK OF ALIEN』の最後のページに掲載された一枚の写真です。
言い知れぬ妖しさを放つこの「腰を屈めたポーズ」は当時のファンに強烈なインパクトを与え、2018年現在に至るまで“もっとも有名なビッグチャップの全身写真”として愛され続けています。

「このビッグチャップを極限まで再現したい。それも、映画製作当時の空気を感じられるほどの精密さで」
そんなエイリアンへの極端な愛から始まったプロジェクトのために、業界屈指のエイリアン・マニア4名で構成されたチームが発足。
当時撮影された写真の数々を高解像度の状態で入手し、全身をくまなく検証。
撮影時の状態が不明な部分については独自解釈を極力廃するため、4名が所有する膨大な資料から、徹底的に事実だけを洗い出しました。
さらにスイスの「H.R.ギーガー・ミュージアム」、ドイツの「フィルム・ミュージアム」へ現地調査を敢行。
撮影に使用されたスーツ等を改めて実地検証することにより、数々の新たなデータを採取することに成功したのです。
学術的とさえいえる地道なアプローチから得られた新事実の数々を基に、藤本圭紀氏(造型・彩色)が、発見と驚きにみちたディテールの全貌を1/3スケールで完全再現。
エイリアンへの愛と偏執的なこだわりが成し遂げた、あなたの見たことのないビッグチャップ・スタチューが今、ここに誕生しました。

 

まずは全身から見ていきましょう。

02

03

04

05

06

07

特に『エイリアン(’79)』の劇中では、その姿を私達の前に現すことはほとんどありませんでした。
闇を移動して狩りを行う……どこから来るのかわからない底知れない恐怖、未知の生命体……そんなイメージが強いと思います。

今となってはフィギュアなど様々な形態でリリースされ全貌を見ることができますが、このスタチューは初めてその姿と対面したかのような緊張感があります。

08

ハッと息を呑んでしまうような存在感のひとつに、大きさがあります。
画像ではなかなかボリュームまでお伝えすることは難しいので、500mlのペットボトルを置いてみました。

ビッグチャップのあまりのリアルさに、ペットボトルがこの画面の中にあることに違和感がありませんか……?

11

12

立ちポーズとはまた違った、前屈みに丸まった背中もじっくりとご覧ください。
スーツの若干の歪みが生み出す、生物らしさ

17

18

さらに寄って見ると、現物を取材したからこそ再現できる元の素材のディテールが!
こういった箇所からは生物としてのビッグチャップではなく、映画撮影用スーツとしての一面が垣間見えますね。

14

13

16

腰を屈めたことにより「見えてしまった」スーツの補強ベルト、肩周りのスーツの浮きなどの生っぽさまで再現されています。

21

下から観察していると、パイプのようなディテールがこんなところにも!

24

太ももにはファスナーのようなものもあります。

22

23

長く美しい手。整った爪がなまめかしい手は、妙に女性的です。
左右で生じるスーツの若干の歪みが、ここにも生っぽさを出しています。

造形はもちろん、塗装もとても繊細です。
アームバンドのような手首の内側からのシワ、親指辺りに見ることができるツヤ感……!
造形と塗装双方が合わさってこそできる再現度です。

27

28

お次は足を見ていきます。
つま先立ちのような歩き方が特徴のビッグチャップ
じっくり見てみると、ヒールのようにかかとが高くなり、そこから伸びる顎のようなデザインが特徴的です。

30

ディスプレイすると隠れてしまう、足の裏までもこんなに精密に再現されています。
長く伸びた爪がチラリと見えているのも、なんだか艶っぽい。
いつも見ることができないのが勿体無いくらいです。

29

印象的な長い尻尾は非常にシャープな造形。
武器にもなる鋭い先端を持ち、蛇のように動き回る骨のような尻尾が脚の間から覗きます。

19

20

普段はなかなかお目にかかれない「顎の裏」のディテールまでも……!
そして口元から覗く、暗闇でも目立つメタリックシルバーの歯。
この歯が現れたら……もう逃げることはできません。

26

10

特徴的な頭部。
スカルのような内殻がうっすらと見える透明なカバーには、黒いグラデーションがかかっています。思わずその美しいディテールを見に近寄ってしまいそうな、妖しい雰囲気。

15

09

どこを撮っても画になる……!

25

01

これを置けば貴方の部屋が「H.R. ギーガー・ミュージアム」になる?!
圧倒的存在感、そしてコレクション欲を満たしてくれるビッグチャップ! この感動を是非お手元で!

 

以上、

「『エイリアン』 ビッグチャップ 1/3スケール・スタチュー」

でした!

 

『エイリアン』 ビッグチャップ 1/3スケール・スタチュー  商品ページ

『エイリアン』 ビッグチャップ 公式サイト

© ALIEN TM & © 2018
Twentieth Century Fox Film Corporation.
All Rights Reserved.

※画像は試作品を撮影したものです。実際の商品とは異なる場合があります。
※商品に付属しない備品を使用して撮影しております。ご了承ください。


Top