※『メカスマ』とは?※

グッドスマイルカンパニーがメカ&ホビーを愛するユーザーに贈る、ロボット、メカニック、ヒーローをテーマにしたホビーブランド。

グッスマならではのクオリティと、ユーザーに負けない熱いハートを込めて送り出されるメカは、時代を超えて幅広い作品からのセレクトで、製品仕様もフィギュア、キット、合体トイなど様々な形態でメカの魅力を再現しています。

2007年にTV放映された『アイドルマスター XENOGLOSSIA』は、当時アーケードゲームからX-BOX360版に移植されたばかりだった『THE IDOLM@STER』を原作に、意志を持つ巨大ロボット「iDOL」のパイロットとして選ばれた少女たち「アイドルマスター」の闘いを描くロボットアニメとして大胆にアレンジした作品でした。

月の崩壊による大災害「ロストアルテミス」から百年余りが経過した、復興歴107年の地球。
隕石として地球に落下する月の破片「ドロップ」の破壊に活躍するのが、月から回収されたシリコン構造体をコアとする巨大ロボット「iDOL(Immortal Defender of Legatee)」です!
そしてアイドル(本来の意味の)に憧れてオーディションを受け上京した天海春香をマスターとして選んだのが、このインベル。

隕石除去人型重機の呼称どおり、質実剛健な作業機械をイメージした機体デザイン。手足のラインなども、ギリギリ人型を保ちながら工業用ロボのような構造をとっています。

上半身と下半身は、脊椎状のフレームで繋がっています。
ボリュームのある上半身を支えるため、フレームには目立たない形で腰と胸の接続を強化する補助パーツが追加されていて、ディテール重視で仕上げたい場合には取り外して組むこともできますよ。

ここが気になる!

そして、唯一の武器といえるのが、ドロップを破砕するための強力なパンチ!

通常は肘から上に畳まれているサイドアームを下ろし、巨大な拳として前腕に装備することができます。

両肩は、胸部後方の半円に沿ってスライドすることで大きく可動。
拳を振り上げるアクションポーズも、迫力たっぷりに決められます!

出撃時にみせる、手足を後方へ畳んだコンパクトな飛行形態も再現。

通常の関節可動のみでも同様の姿勢をとることができますが、肘、膝関節にジョイントパーツを挿入することで、より劇中に近いフォルムと手足をしっかり固定した変形が可能になります。

また、付属の簡易台座は、支柱部分の交換で人型、飛行形態の両方に対応。記事中の写真のように、別売りの「THE シンプルスタンド」を使用することもできます。

足先のランディングギア展開も、設定どおりに再現。人型での着地体勢を想定して設定されたギミックなのです。

さらに差し替えパーツにより、番組後半での変化を再現!

胸と膝のアーマーは、前半の青に、春香の好きな色に合わせて塗られた後半のピンク、そしてかつてのマスターである如月千早に奪われた際の白の3タイプが付属。
背中のコックピット部分も、通常のものと、千早が搭乗した際のものが付属します。

鹵獲ろかくされた際に装着された強化武装「ファウストシュラーク」も、サイドアームの交換で再現!

もちろん、ピンクの外装と合わせれば、後期オープニングでの姿を再現することができます。

ファウストシュラークはこのとおり、片腕だけでも本体に匹敵するボリュームの巨大なパーツ。

平手への差し替えに加え、拳を上方に回した待機状態から使用時の装着状態への変形も可能。ヒンジ部分の可動で、拳に被さるように変形して前腕と一体化します。

『THE IDOLM@STER』初のアニメ化として放映された当時は物議をかもしましたが、サンライズの一流スタッフにより制作された熱い美少女×ロボットアニメとして高く評価する声も多い『アイドルマスター XENOGLOSSIA』。15年の時を経て、待望の立体化となります!
好評予約受付中の「MODEROID インベル」で、その独自の魅力をぜひ味わってください。

(文 TAC☆)

メカスマ 公式サイトあみあみ/MODEROID 『アイドルマスター XENOGLOSSIA』 インベル プラモデル 商品ページ

©サンライズ・バンダイビジュアル
※画像はデコマス(塗装見本)を撮影したものです。実際の商品とは異なる場合があります。
※商品に付属しない備品を使用し撮影している場合があります。ご了承ください。