【フォトレビュー】『メタルギア サヴァイブ』ワンダラー 1/6スケール スタチュー[Gecco]

ゲーム『METAL GEAR SURVIVE』より、プレイヤーを苦しめるワンダラーがGeccoから1/6スケールスタチューで登場です。伊藤暢達氏によってデザインされた人型クリーチャーの筋肉質な体は、原型師 山岡真弥氏が見事に立体化。

作中で印象的な赤く光る頭部は、発光ギミックによって再現が可能です。体に融合した金属結晶の質感、世界観が表現された台座など、隅々まで見逃せない造形になっています。

一度見たら忘れられないワンダラーを、あみあみだけの撮り下ろし画像でご紹介します!

 

▽解説

原型制作:山岡真弥
ペインター:明山勝重/-accent-

―ここからは一切の希望を捨てよ 恐怖も疑心もだ
ハイエンドな製品を送り出し、コレクターを唸らせるGeccoが、『METAL GEAR SURVIVE』に登場するワンダラーを1/6スケールでスタチュー化します。
伊藤暢達氏によってデザインされたワンダラー。最も多く出現し最初に出会う敵でありながら、氏の世界観を感じさせるその姿によって、見た者の脳裏に焼き付き離れません。特徴的な頭部の突起や金属結晶のような意匠は、無機物の形状をしていながら肉体との歪な融合を果たしており、不安感や嫌悪感を感じさせつつも、精緻な構造ときらめく色彩が危険な魅力を携えています。
突起部分は劇中同様に発光。ギミックによって劇中の姿を再現するだけでなく、驚きとプレミアムな仕様を楽しんで頂ける仕上がりに。原型を務めた山岡真弥氏の得意とする筋肉造形を存分に堪能出来る、半裸姿のワンダラーを今回選定しています。
また、頭部以外も金属結晶に浸食されている、おぞましい相貌や、青ざめた肌の色の確認する事が可能となっており、キャラクターの特徴とクリエイター達の妙技を両立させる、確かなディレクションが光る製品になりました。
雰囲気を盛り立てる台座は、塵や砂で覆われたディーテ世界を思わせる荒涼な雰囲気でまとめられており、足元には金網を掴んだまま欠損したワンダラーの腕を配置。異世界での死闘を物語ると同時に、金網はゲームシステムの要でもあるクラフト要素を彷彿とさせ、「異世界で生き延びる(survive)」というゲームのテーマをも醸し出すことに寄与しています。

 

01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

以上、

「『メタルギア サヴァイブ』ワンダラー 1/6スケール スタチュー」

でした!

 

『メタルギア サヴァイブ』ワンダラー 1/6スケール スタチュー 商品ページ

Gecco 公式サイト

© Konami Digital Entertainment
※画像は試作品を撮影したものです。実際の商品とは異なる場合があります。
※商品に付属しない備品を使用し撮影している場合があります。ご了承ください。


Top