【フォトレビュー】『DARK SOULS III ダークソウル3』篝火 1/6スケールライトアップスタチュー[Gecco]

BONFIRE LIT

『ダークソウル』シリーズにおいて重要な意味を持ち、欠かすことのできない篝火(かがりび)が1/6スケールで立体化!

ライトアップギミックが搭載されており、立ち上る炎を忠実に再現しています。
特徴的な形状をした螺旋の剣は取り外しが可能。「火継ぎの祭祀場にて篝火を再び熾らせるシチュエーション」を追体験することもできます!

そんな束の間の安息であり、「またここか……」と帰ってくる場でもある篝火(かがりび)を、あみあみだけの撮り下ろし画像でご紹介します!

 

▽解説
原型制作:赤尾慎也/HAEDLONG
デジタル造形(炎エフェクト):幽機
ペインター:明山勝重/-accent-

飽くなきこだわりを突き詰めた、ハイエンドな製品を多数送り出すGecco。世界観・攻略難易度共にハードで骨太ながら、世界中で愛される『ダークソウル』シリーズから、作中にてプレイヤーに束の間の安息を与える「篝火」を1/6スケールでスタチュー化しました。
世界観及びゲームシステムにおいて重要な意味を持ち、シリーズに不可欠な「篝火」をフロム・ソフトウェアのデザインチームによる徹底監修を経て完全立体化。暗く長い道程を、文字通り照らす「篝火」に相応しく、ライトアップギミックを搭載。新たな篝火を見つけては灯し、その都度胸を撫で下ろす。プレイヤーが味わってきた緊張の糸が解ける瞬間を立体でも再現。
立ち上る炎は、まるで揺らめいてるかのような錯覚を覚えるかのような仕上がり。篝火にくべられ、炭化し灰になりつつある遺骨。そのザラついた表面は、今にも崩れそうな質感に。痩せながらも燃える炎と、その周囲にわずかに生えたな草やそれを育む土。積もった白い灰は死を思わせるものでありながら、次なる命への源でもあり、「火」と「灰」は「生」と「死」の象徴にも感じられます。
『ダークソウル3』において火継ぎの祭祀場の篝火を再び熾らせた、螺旋の剣は取り外しが可能。組立の手順を「作業」ではなく、物語を「追体験」させる要素へと昇華させており、Geccoの持つ強みである「作品愛」が垣間見えます。前述のライトアップギミックに加え、1/6という『ダークソウル』シリーズのスタチューと同じスケールを採用したことで、単体でのディスプレイは勿論の事、お手持ちのスタチューの傍らに添える事でスタチュー自体も照らされ、ディスプレイ時の雰囲気を盛り上げます。

 

01

02

03

04

05

06

07

08

以上、

「『DARK SOULS III ダークソウル3』篝火 1/6スケールライトアップスタチュー」

でした!

 

『DARK SOULS III ダークソウル3』篝火 1/6スケールライトアップスタチュー 商品ページ

Gecco 公式サイト

©Dark Souls TM ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc. / ©FromSoftware, Inc.

※画像は試作品を撮影したものです。実際の商品とは異なる場合があります。
※商品に付属しない備品を使用し撮影している場合があります。ご了承ください。


Top