【トピックス】映画『アイアンマン』より「アイアンマン・マーク3」が大迫力な1/4スケールのフィギュアで登場!

ホットトイズが展開する「クオーター・スケール」シリーズに、映画『アイアンマン』より「アイアンマン・マーク3」がラインナップ。2019年7月発売予定です。

アーマーは光沢を持つメタリックな塗装に加え、微細な傷・汚れを表現するウェザリング塗装が施されており、装甲の質感がよりリアルに再現されています。
さらにヘルメットやバトルダメージ版アーマー、ハンドパーツなど多数の差し替えパーツを使って、様々なシーンを楽しむことができます。

以下、プレスリリースより抜粋。

【クオーター・スケール】『アイアンマン』1/4スケールフィギュア アイアンマン・マーク3

『アイアンマン』に登場するアイアンマン・マーク3を、大迫力の全高約49センチ、40箇所以上が可動する、ハイエンドな1/4スケールのフィギュアとして立体化!

ヘッドは2種が付属。1つ目は、ライトアップ機能対応のヘルメット。
2つ目は、新たなペイントが施された、演じるロバート・ダウニーJr.の肖像権をクリアしたトニー・スタークの顔がのぞくヘルメットとなっている。

レッドとゴールドのカラーリングが特徴的な、上半身がマッシブな形状のアーマーは、光沢感あるメタリックな塗装とともに、細かな汚れや傷などのウェザリング塗装が施されており、メカニカルな装甲の質感を再現している。
ボディー背面のエアーフラップ、脇部の装甲プレート、脚部のエアーブレーキは開閉が可能。
両腿付け根にあたる腰部装甲は、上に開くことで脚部のさらなる可動域を確保。
1/4スケールだからこそ綿密に造り込むことができた、味わい深い仕上がりとなっている。

胸部と両上腕部の装甲は取り外しができ、内部のメカニカルな造形を堪能することが可能。
さらに胸部、肩部の装甲は、バトルダメージ版差し替え用パーツを使用することで、劇中のさまざまなダメージ状態を演出することができるぞ。

前腕部のシールドとロケットミサイル、肩部に内蔵された多連装式銃、腰部のフレアランチャーは、装甲内に格納されており展開することが可能だ。

眼部、胸部のアーク・リアクター、両手のリパルサー光線発射部は白く発光するLEDライトアップギミックを搭載。
さらに肩部、脇部、背面上部、両前腕部、脚部の装甲内には青く発光するLEDライトアップギミックを搭載している。
指関節まで可動するリパルサー光線ライトアップ対応の差し替え用ハンドパーツを使用すれば、臨場感溢れるバトルシーンを数多く楽しめるぞ。

 

商品概要

発売:2019年7月発売予定

定価:78,000円(税込)

サイズ:高さ約49センチ

可動:40箇所

付属品:差し替え用ヘルメット(トニー・スターク)、バトルダメージ版差し替え用パーツ(胸部アーマー、肩部アーマー×2)、差し替え用ハンドパーツ(×4)

種別:ハイエンド1/4スケール可動式フィギュア

 

クオーター・スケール 『アイアンマン』アイアンマン・マーク3 商品ページ

© 2018 Marvel.


Top