【トピックス】いぬも触れば音色を奏でる!いぬ型楽器トイ「ムニュムニュ ドレミファドッグ」2017年12月28日発売!


タカラトミーアーツより、背中を押すと出る「ワン」という鳴き声でいろいろな音遊びが楽しめる「ムニュムニュ ドレミファドッグ」が登場。
2017年12月28日から、全国の雑貨店ほかにて発売されます。

以下、プレスリリースより抜粋。

『ムニュムニュ ドレミファドッグ』は、シリコン製の肌触りが柔らかな素材でできたいぬ型の本体を押すと、「ワン」という鳴き声を奏でる商品です。“いぬ”の種類は全部で8種類。それぞれの鳴き声の音階と犬種が異なり、すべて集めると「ドレミファソラシド」の8音を揃えることができます。

音の楽しみ方はいろいろあります。8音の本体を、音階順に並べて押せば、まるでハンドベルのような感覚でメロディーを楽しむことができ、ピアノのように好きな曲を演奏することも可能です。また本体を重ねて上から押すと、重なった“いぬ”が一斉に鳴き、和音の音色を楽しめます。

本商品は、2016年3月に発売した『ムニュムニュ ドレミファキャット』のいぬバージョンで、丸いフォルムと触り心地のよいシリコン素材はそのままに、人気の犬種を8種ラインアップしました。

『ムニュムニュ ドレミファキャット』は新時代の“ねこ型楽器”として日本国内のみならず、海外でも販売され人気のある商品で、今回いぬバージョンを発売するにあたり海外のお客様にもより楽しんでいただけるようワールドワイドで人気のある犬種、また内蔵曲も世界的に知名度のある曲を中心にセレクトしています。

2018年は戌年。まさに来年の顔である“いぬ”が満を持して登場!脱力感と癒しのあるワンワンライフを盛り上げます。

★一体からでも遊べる!2種類の演奏モード

①一匹で演奏!曲モード
本体には、単音のほかに一曲、それぞれの“いぬ”ごとに異なる音楽が内蔵されています。本体裏のスイッチを切り替えると、“ドレミファソラシド~“という切り替え完了の音が鳴り、内蔵曲が演奏できるようになります。本体の背中を押すたびに音がひとつずつ進むので、リズム良く押すだけで演奏を楽しむことができます。また、お友達と一緒に押すスピードを競争したりして遊ぶこともできます。

②集めて演奏!単音モード
本体裏のスイッチを曲モードの反対側に切り替えると、今度は単音モードに切り替わります。それぞれの“いぬ”がもつ単音がでるので、異なった音階の“いぬ”を複数集めてオリジナルの演奏をすることができます。また、押している間はずっと鳴き声が出続け、演奏する音楽に表現がつけやすくなり、本格的に演奏を楽しむこともできます。

(ド)シバ茶
内蔵曲:アイネクライネ
ナハトムジーク第二楽章

(レ)パグ
内蔵曲:ブラームスの子守唄

(ミ)チワワ
内蔵曲:ピアノ・ソナタK331

(ファ)ハスキー
内蔵曲:チェッチェッコリ

(ソ)ダルメシアン
内蔵曲:春(四季より)

(ラ)ビーグル
内蔵曲:子犬のマーチ

(シ)シバ白
内蔵曲:大きな栗の木の下で

(↑ド)トイプードル
内蔵曲:二人でお茶を

 

製品概要

■商品名:『ムニュムニュ ドレミファドッグ』
■希望小売価格:1,200円(税抜)/8種
■発売日:2017年12月28日(木)
■パッケージサイズ:W78mm×H57mm×D100mm
■重さ:55g
■内容:本体
■対象年齢:8歳以上
■使用電池:単4形アルカリ乾電池2本使用(別売)
■電池寿命:約7時間(連続使用した場合)
■取扱い場所:全国の雑貨店、量販店、玩具専門店などの玩具売場ほか

 

タカラトミーアーツ/「ムニュムニュ ドレミファドッグ」商品ページ

©T-ARTS


Top