【トピックス】フルCG長編アニメーション映画『バイオハザード:ヴェンデッタ』日本公開日決定!

『バイオハザード』シリーズのフルCG長編アニメーション映画最新作、『バイオハザード:ヴェンデッタ』の日本公開日が2017年5月27日(土)に決定し、新キービジュアルが公開されました。
本作は、ゲームの世界観をベースに、クリスやレオンなど歴代ゲームに登場したキャラクターたち、そして不気味な存在を醸し出すオリジナルの新キャラクターたちが繰り広げる、予測不可能なバトルがハイクオリティCG技術で描かれています。

更に、12月23日(金)の実写版『バイオハザード:ザ・ファイナル』の公開に合わせて、同日に本予告映像を全世界初公開。また、日本限定デザイン特典付ムビチケカード(前売り券)の販売も開始されます。

▲ムビチケカード一般券特典 B2ティザーポスター 価格 1,500円(税込)

▲ムビチケカード ペア券特典 クリス&レオンクリアファイルセット A4サイズ 価格 3,000円(税込)

 

『バイオハザード:ヴェンデッタ』ストーリー

対バイオテロ組織「BSAA」のクリス・レッドフィールドは、ある情報を基に、武器密売組織の拠点である謎の洋館へ突入する。探索の最中、クリスは国際指名手配犯であるグレン・アリアスと対峙するも、信じがたい光景を目の当たりにし、結果アリアスを逃してしまう。
一方、元ラクーン市警の特殊部隊「S.T.A.R.S.」の一員だったレベッカ・チェンバースは、現在は大学教授として、「死者が甦り、凶暴化する」という不可解な事件の調査、研究に携わっていた。事件の調査により、「新型ウィルス」が関係していることを突き止めた彼女は、治療薬の開発に成功。その直後、研究所が何者かに襲撃され、レベッカは死の危険にさらされてしまう。幸いにも駆けつけたクリス達によって、九死に一生を得るのであった。
この襲撃後、クリスとレベッカは、アメリカ大統領直轄のエージェント組織「DSO」に所属しているレオン・S・ケネディのもとへ…彼は、この新型ウィルスが関わる事件を最もよく知る人物だった。
再会を果たす、クリスとレオン。アリアスの真の目的が“バイオテロ”だと掴んだ二人は、レベッカと共に、その策略を阻止し人々を救う為、彼を追いニューヨークへと向かうのであった。
 

メインスタッフ

●エグゼクティブ・プロデューサー:清水崇 『呪怨』シリーズ
●監督:辻本貴則 『THE NEXT GENERATION パトレイバー』
●脚本:深見真 『PSYCHO-PASS サイコパス』
●音楽:川井憲次 『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』
●原作監修:小林裕幸 『バイオハザード』シリーズ
●製作:マーザ・アニメーションプラネット
●配給:KADOKAWA
 

『バイオハザード:ヴェンデッタ』公式サイト

©CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top