【トピックス】VR技術で二次元キャラと添い寝ができる!「バーチャル添い寝プロジェクト with 東北ずん子」スタート!

VRコンテンツの制作を行う株式会社エンタップは、究極の二次元添い寝を実現させるべく、人気キャラクター東北ずん子による「添い寝プロジェクト」を開始しました。
9月11日(日)よりクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING by T-SITE」にて支援を募集中です。

バーチャル添い寝プロジェクトではヘッドマウントディスプレイを使ったVR技術と、2次元キャラをバーチャル3次元空間に呼び出す最新技術を駆使すると共に、音響にもこだわってバーチャルバイノーラルシステムを搭載します。
これまでのバイノーラル録音ではバーチャル空間には対応できなかったのですが、頭の動きに合わせて音が付いてくるようになったバーチャルバイノーラルシステムでは、バーチャル世界での自然な音を味わえるようになりました。

 

■『東北ずん子』とは?

SSS合同会社による、ずんだ餅をモチーフにした少女のキャラクター、およびその関連コンテンツの総称。
2011年に東日本大震災からの東北復興支援のために登場したもので、東北6県に本社を登記する企業であれば、手続きなしに無償でPOP広告や商品パッケージ、WEBサイトなどに商用利用できる。
また、非商用であれば東北に限らず手続きなし、無償で利用が可能となっている。
キャラクターデザインは江戸村ににこさん、声は人気声優佐藤聡美さんが担当しています。

 
※ 以下、プレスリリースより抜粋

プロジェクト詳細

究極の2次元添い寝を作りたい! バーチャル添い寝プロジェクト with 東北ずん子
・目標金額:200万円
・応募期間は2016年9月11日(日)~10月6日(木) 23:59

 

特典(リターン)について

7,000円
・お礼のメッセージ
・完成品(ディレクターズエディション)
・カードボード&ずん子ちゃんシール
※カードボードとは、スマートフォンを利用してバーチャルリアリティを体験できるようにするアタッチメントです。

10,000円
・お礼のメッセージ
・完成品(ディレクターズエディション)
・カードボード&ずん子ちゃんシール
※カードボードとは、スマートフォンを利用してバーチャルリアリティを体験できるようにするアタッチメントです。
・ブランケット

30,000円
・お礼のメッセージ
・完成品(ディレクターズエディション)
・カードボード&ずん子ちゃんシール
※カードボードとは、スマートフォンを利用してバーチャルリアリティを体験できるようにするアタッチメントです。
・ブランケット
・ずん子ちゃん太ももマウスパッド

55,000円 限定8名  売り切れ
・お礼のメッセージ
・完成品(ディレクターズエディション)
・カードボード&ずん子ちゃんシール
※カードボードとは、スマートフォンを利用してバーチャルリアリティを体験できるようにするアタッチメントです。
・ブランケット
・ずん子ちゃん太ももマウスパッド
・B2タペストリーに佐藤聡美さんのサイン入り
03

 

『究極の2次元添い寝を作りたい! バーチャル添い寝プロジェクト with 東北ずん子』プロジェクトページ

© 2016 SSS LLC. All Rights Reserved.


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top