『攻殻機動隊 S.A.C.』とタイアップしたサイバーセキュリティ啓発イベント「サイバー攻撃を目撃せよ!秋葉原0305」開催決定

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)主導、攻殻機動隊製作委員会とNPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)協力によるサイバーセキュリティ月間(2016年2月1日~3月18日)啓発イベント「サイバー攻撃を目撃せよ!秋葉原0305」が開催されることが決定した。
このイベントでは、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)実演のウィルス感染によるパソコン乗っ取り一部始終をはじめ、「Production I.G」の石川光久代表取締役社長によるトークショー、攻殻機動隊のVR特別映像体験、NPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)によるクイズ大会などを通して、「サイバーセキュリティ月間」の周知と、サイバーセキュリティに関する啓発が図られる。

さらにサイバーセキュリティ啓発ブースでは、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』とサイバーセキュリティ月間との公式コラボマンガとクリアファイルをプレゼントするスタンプラリー企画も行われる。

 

▲描き下ろし漫画表紙

 

イベント概要

<サイバー攻撃を目撃せよ!秋葉原0305>

●開催日:2016年3月5日(土) 12:00~18:00

●会場:ベルサール秋葉原1階ホール及びイベントスペース

●コンテンツ(予定)
【ステージイベント】
12:00~ トークセッション…「Production I.G」の石川光久代表取締役社長トークセッション
13:00~ クイズイベント…JNSAによるセキュリティクイズ
14:00~ 実演イベント…IPAによるウイルス感染によるパソコン乗っ取りの実演
15:00~ 講演イベント…JNSAによる講演(キャリアトーク)
16:00~ 実演イベント…IPAによるウイルス感染によるパソコン乗っ取りの実演

【サイバーセキュリティ啓発ブース】
12:00~18:00 NISC、IPA、JNSA による展示ブース

※ ステージイベント参加者、もしくは全てのブースを回った方に毎時イベント後約1000名、計5000名に、NISC、IPAよりクリアファイル、JNSAより書き下ろし漫画冊子の提供
※「サイバーセキュリティ月間」中、サイバーセキュリティ月間ポスターを貼り、普及啓発活動に協力してくださる方、先着1000名にポスター2種のうちいずれかを配布、同先着500名に専用紙袋を配布
※ 全てのブースを回った方先着100名に、3Dヴァーチャルリアリティ作品『攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver.』ティザー版の視聴提供

 

「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」サイト

攻殻機動隊25周年記念サイト

© 士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会


2 件のコメントがあります

  1. 【トピックス】『攻殻機動隊 S.A.C.』とタイアップしたサイバーセキュリティ啓発イベント「サイバー攻撃を目撃せよ!秋葉原0305」開催決定 https://t.co/IobCo5Cg0s https://t.co/kurRiAKYZk

  2. 旦那が久しぶりにプロモーション活動するって日に母との約束をいれてしまい、旦那を応援しに行くか母との約束を優先するか板挟みで、これが嫁姑問題かっ!な気分になってる。体が2つあればいいのに…旦那のポスター、クリアファイル欲しい(ノД`)
    https://t.co/Nfgp1NnynC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top