9/30開催『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』トークショー+ミニライブ&最速先行上映会 オフィシャルレポートが到着

cr
TVアニメ『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』の放送を目前に控えた9月30日(水)にトークショー+ミニライブ&最速先行上映会が開催され、そのオフィシャルレポートが到着した。

会場となったシネマート新宿には、客席が満員となる300人以上のファンが来場した。場内の期待が高まるなか、水島精二監督、人吉爾朗役・石川界さん、星野輝子役・上坂すみれさん、風朗太役・中村繪里子さん、原作・脚本の會川昇さんが登壇。
水島監督と石川さんがお揃いのスタッフジャンパーを着るなど現場の絆の深さをのぞかせた。

cr01

トークショーでは、オーディションのエピソードや作品の舞台となっている時代「神化」の裏話、キャラクターの印象などについて話に華が咲いた。
キャスト陣は「事前にもらっていた資料の量が尋常ではなかったんです。オーディションで受けた爾朗に対する印象は、収録が進むにつれて変わっていっています」(石川)、「一番好きなキャラクターの輝子を演じることが出来てうれしいです。アフレコは毎回緊張しますが、水島監督に『頑張れ』って背中を押されながら頑張っています。(上坂)、「男の子役は初めてだったので緊張しました。色々なものに化けるので、どうやって化けたものの声を演じようか頭を悩ませている」(中村)と、収録のエピソードを交えてオーディションを振り返った。
一方、原作者でもある、會川さんは「神化という言葉は、昭和という元号に決まる時、実際に候補のひとつとしてあったものなんです。」(會川)と、裏話を披露した。

cr02

イベント中盤ではOP主題歌「カタラレズトモ」を歌うZAQも登壇し生声を披露。強いメッセージ性のある歌詞とZAQのハイトーンボイスで熱を帯びた場内の歓声に応えるように「OP主題歌というかたちで作品に関われてうれしい」と、作品にかける想いを語った。最後は水島監督が「スタッフ一同が力を合わせて作っている作品ですので、楽しんでいただけたらと思います」と締めくくりトークショーが終了。
続けて3話連続で本編の先行上映が行われ、盛況のうちにイベントはラストを迎えた。

 

TVアニメ『コンクリート・レボルティオ~超人幻想~』公式サイト

©BONES・會川 昇/コンクリートレボルティオ製作委員会


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top