『天空の城ラピュタ』の小型飛行機「フラップター」デスクトップモデルが6月17日13時からプレミアムバンダイで受注開始


スタジオジブリの長編アニメ「天空の城ラピュタ×バンダイ」の第2弾商品として、「想造ガレリア フラップター」の受注を、2015年6月17日(水)13時よりプレミアムバンダイで開始する。
劇中の羽ばたきを忠実に再現し、オリジナル発光ギミック付きとファンにはたまらない商品になっている。

 

商品特徴

本商品は、ジブリ作品の独特の世界観を精巧に立体化するデスクトップモデル、「想造ガレリア」シリーズの第2弾です。『天空の城ラピュタ』でドーラ率いる空中海賊団ドーラ一家の移動手段として登場し、主人公パズーがドーラ一家と共に、要塞で囚われの身となったシータを助けに向かう場面でも活躍した小型飛行機械「フラップター」を立体化。豊富なギミックと緻密なデザインが施された造形はあらゆる角度から鑑賞して楽しむことができる。

フラップターの最大特徴でもある「羽ばたく4枚の羽根」が交互にスイングすることで、劇中さながらの虫が羽ばたくような、独特の飛行を再現。また計器・ヘッドライト・ノズルは発光ギミックをそなえており、フラップターの操縦イメージがよりリアルに感じられる仕上がりとなっている。

ディスプレイスタンドを兼ねたスイッチBOX台座は、飛行機の操縦桿をイメージ。配置された4つ並んだトグルスイッチを入れるとヘッドライト、計器、ノズルが発光し、下部のクランク型スイッチを回すと羽根の可動ギミックが作動。擬似的にフラップターの操縦を体感できるような仕様になっている。

フラップター本体のデザインは、劇中でのフォルムを重視しながら、ディテールや装備については本商品のオリジナル要素が盛り込まれ、コックピット部分は、よりリアリティを重視したデザインとなっており、シフトレバーや飛行時に身体を支える後部ベルト、機体を連結するためのウインチなど、劇中での活躍を踏襲しながらもそれを裏付ける機能を感じさせる意匠が追加されている。また、劇中に登場するフラップターには配置されていなかったヘッドライトを、空中海賊として夜間飛行を行うために必要な機能であると仮定し、新たに配置している。

羽根パーツの基部は、飛行時用と着艦時用の2種が付属。羽根を折りたたんで、狭いタイガーモス号の格納庫に収まった状態のコンパクトな形状も再現することができる。羽根と本体のジョイント部分も可動を想定したシリンダーなどのディテールが入れられている。

 

商品概要

<想造ガレリア フラップター>
価格:12960円(税込)(送料・手数料別)
対象年齢:15歳以上
セット内容:本体×1、スイッチBOB台座×1、差し替えパーツ一式(着艦時用差替え基部×4/装甲パーツ×1)
※電池は別売りです。単4電池×3が必要になります。

サイズ:フラップター本体(前後約120mm/最大翼幅約421mm
予約期間:2015年6月17日(水)13時~準備数に達し次第終了
商品お届け:2015年11月予定

 

また、「想造ガレリア」シリーズ第1弾として発売された「ロボット兵」の、青色LEDを内蔵した「青色発光ver.」が、同じくプレミアムバンダイにて2015年6月17日(水)13時に受注開始。

<想造ガレリア ロボット兵 青色発光ver.>
価格:3888円(税込)(送料・手数料別)
対象年齢:15歳以上
セット内容:彩色済みフィギュア(青色LED発光台付き)、電池LR44×3(付属)
サイズ:ロボット兵本体(横幅約130mm×高さ約85mm)
予約期間:2015年6月17日(水)13時~準備数に達し次第終了
商品お届け:2015年11月予定

 

『天空の城ラピュタ』フラップター商品購入ページ

©Nibariki
企画 /スタジオブリ・バンダイ


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top