『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』Webラジオ「ラジまち」公録オフィシャルレポート

きたる4月11日、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」のWebラジオ、「ラジオに松岡との出会いを求めるのは間違っているだろうか」の公開録音イベントが開催された。今回はそんな公録の模様を少しだけお届け!

 

ラジオの配信3回目にして早くも公開録音という異例の早さ。盛大な拍手に迎えられ、水瀬さんと大西さんが登場。そして「ラジまち」といえばこの人、パネルの松岡さん、通称パネ岡さんもステージに登場。今回はゲーマーズさんのエプロンを身に着け、胸元には“まつおか”の名札もついて1日店員仕様となっています。

最初は「ふつおた」のコーナー。松岡さんと事務所の先輩後輩の関係の大西さんからアフレコ現場での衝撃情報が語られたり、ヘスティアの紐について直接水瀬さんがコメントしたりと、普段は聞けないコメントに大盛り上がり。ちなみに今回の公録でアンケートにお答えいただいた方全員とコーナーでコメントを読まれた皆さんはラジオポイントをGET!

「ラジまちファミリア」では会場にいる皆さんからファミリアの構成員を募集。現在水瀬さんと大西さんのファミリアには1人(※公録実施時点)しか所属しておらず、期待が高まる中さっそく面接開始。しかしながら、なかなか有力なスキルを持つ構成員が集まらないこちらのファミリア。水瀬さんからは「戦闘に役立つスキルを持つ人が欲しいです!」と正直な発言が飛び出す。今回無事に構成員が誕生したものの、まだまだ弱小のファミリア。引き続き冒険者の皆さんからの応募求む!

「ダンジョン攻略」では、無防備なパネ岡さんのためにダンジョンで戦うための武器を作成。アニメ第3話で登場した“ヘスティア・ナイフ”を大西さんがデザイン、水瀬さんがヒートカッター(※ラジオ第2回参照)で切り出す共同作業。ラジオで聴くだけだとなんとも視覚的なコーナーにはなりましたが、無事にパネ岡さんの背中にヘスティア・ナイフが装備されたのだった!

「こんなところで出会いを求めるのは間違っているだろうか」では『絶叫マシンで出会いを求めるのは間違っているだろうか』と『企業説明会で出会いを求めるのは間違っているだろうか』という2つのシチュエーションで出会えるかを実践。どちらかという男らしい水瀬さんと、すぐに連絡先を聞きたがることに定評がある大西さん。今回の掛け合いも絶妙で会場を笑いの渦に巻き込んだ2人。息ぴったりのやりとりはラジまちをチェック!

 

作品概要

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』

■STAFF:
原作:大森藤ノ(GA文庫/SBクリエイティブ刊)
キャラクター原案:ヤスダスズヒト
監督:山川吉樹
シリーズ構成:白根秀樹
アニメーションキャラクターデザイン:木本茂樹
美術監督:水谷利春(ムーンフラワー)/色彩設計:安藤智美/撮影監督:福世晋吾
編集:坪根健太郎(REAL-T)/音響監督:明田川仁/音楽:井内啓二
プロデュース:GENCO
アニメーション制作:J.C.STAFF
製作:ダンまち製作委員会

■CAST:
ベル・クラネル:松岡禎丞
ヘスティア:水瀬いのり
アイズ・ヴァレンシュタイン:大西沙織/リリルカ・アーデ:内田真礼/エイナ・チュール:戸松 遥/シル・フローヴァ:石上静香
フレイヤ:日笠陽子/ロキ:久保ユリカ/ベート・ローガ:岡本信彦/リュー・リオン:早見沙織

 

『ラジオに松岡との出会いを求めるのは間違っているだろうか』配信ページ

『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』公式サイト

©大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち製作委員会


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top