「加州清光」や「和泉守兼定」も 話題の「日本刀」を模したお箸30種以上がコトブキヤから連続商品化

侍箸集合写真

コトブキヤから、話題の「日本刀」をモチーフとした「侍箸」の商品化が決定。ラインナップに「加州清光」や「和泉守兼定」などの人気の日本刀を含め、権力者や武人たちに愛された名高い日本刀30種以上が2015年5月から2016年にかけて順次発売される。

「侍箸」シリーズとは、歴史上の武士や武将の刀をモチーフに、現存する刀があるものは実物を見本として、現存する刀がないものは言い伝えを基に、「柄」「鍔」「彩色」に拘って創りあげたお箸シリーズ。2010年より販売している日本刀箸シリーズに、新たに「刀置き」型の箸置きを付属+箸先に滑り止め加工を施し「侍箸シリーズ」として生まれ変わった。

 

date

hijikata

okita

sakamoto

▲画像上から「伊達政宗」「土方歳三」「沖田総司」「坂本龍馬」をモチーフとした「お箸」

「侍箸」最新作は「宮本武蔵」「佐々木小次郎」の”巌流島決戦”がリリース。2015年5月発売のこちらを皮切りに、「織田信長」や「伊達政宗」などの戦国武将や、「沖田総司」の加州清光や「土方歳三」の和泉守兼定などの新選組志士、更に大河ドラマで話題の「坂本龍馬」の陸奥守吉行などの幕末志士と、古今東西バラエティに富んだラインナップが予定されている。日本刀だけでなく、「森蘭丸」や「本多忠勝」の槍も登場予定だ。

サイズは230~250mmで、価格は1500円+税。「好きな歴史上の人物」「好きな刀」を目当てに買う人はもちろん、近年では海外の方へのお土産としても好評だそう。ご飯時に「推し刀」をアピールしてみては?

 

 

コトブキヤ「侍箸」ページ

侍箸 日本刀 宮本武蔵 購入ページはこちら

侍箸 日本刀 佐々木小次郎 購入ページはこちら

© KOTOBUKIYA


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top