『進撃の巨人』×『アルスラーン戦記』の超ワイド看板がJR新宿駅に突撃開始〔ヤシャスィーン〕


講談社「別冊少年マガジン」にて大好評連載中の人気漫画『進撃の巨人』と、原作・田中芳樹、漫画・荒川弘による大河ファンタジー『アルスラーン戦記』がコラボレーションした超ワイド看板がJR新宿駅中央通路に出現中だ。
『アルスラーン戦記』の世界で繰り広げられる戦いを表現したルシタニア軍12万/パルス軍13万8千の軍勢に『進撃の巨人』の「調査兵団」が参戦。3枚の超ワイド看板それぞれに潜んでいる「調査兵団は誰か?」探してみよう。

そしてTVアニメ『アルスラーン戦記』がいよいよ4月5日(日)午後5時から放送開始。「敗戦から始まる英雄譚」に注目だ。

 

『アルスラーン戦記』 作品情報

○イントロダクション
東西を結ぶ陸路の中心地・エクバターナを王都に掲げ、各地からの人や物資、そして豊かな文化が集まる強国パルス。この国の王太子として生まれた少年・アルスラーンは、幸福のうちに国を引き継ぐはずだった。土煙が舞う平原に、パルスの誇る騎馬隊が葬り去られるその日までは……。
パルスの豊かな領土を狙って、異教徒の国・ルシタニアが侵攻を開始。初めての直面する本物の戦いに、不安を隠しきれない“気弱な”王太子・アルスラーン。彼の不安が的中したかのように、戦場には不穏な空気が渦巻き始める。敵の策略にはまり、これまでにない脅威を感じるパルス軍と、混乱する戦況に翻弄されるアルスラーンの父王であるアンドラゴラス三世……。
駆けつけた「戦士の中の戦士(マルダーンフ・マルダーン)」の異名を持つ騎士・ダリューンとともに、次々と襲いかかる敵、そして過酷な運命へと立ち向かうアルスラーン。運命という名の嵐が吹き荒れるなか、彼は信頼できる仲間たちとともに“王太子”として最初の一歩を踏み出す!
権謀術策が渦巻く大陸を舞台に、血沸き肉躍る戦いの日々、そしてなによりひとりの少年が成長していく姿をドラマティックに描く『アルスラーン戦記』。
『銀河英雄伝説』『創竜伝』『タイタニア』などで知られる小説家・田中芳樹が手掛け、1986年の第1巻発売を皮切りに、14巻を越えて続刊中。シリーズ累計600万部を超える大ヒット歴史ファンタジー小説である。2013年からは『鋼の錬金術師』のマンガ家・荒川弘によるコミック版の連載がスタートし、こちらも1~3巻で累計200万部を突破。人々を魅了し続けてやまない最高峰の物語が、アニメーションで新たに躍動する!

○メインスタッフ
漫画:荒川 弘(講談社「別冊少年マガジン」連載)
原作:田中芳樹(光文社カッパ・ノベルス刊)
監督:阿部記之
シリーズ構成:上江洲誠
チーフキャラクターデザイン:小木曽伸吾
キャラクターデザイン:田澤潮、渡邊和夫
音楽:岩代太郎
アニメーション制作:ライデンフィルム×サンジゲン
製作:「アルスラーン戦記」製作委員会

○アーティスト
オープニングテーマ:「僕の言葉ではない これは僕達の言葉」UVERworld
エンディングテーマ:「ラピスラズリ」藍井エイル

○メインキャスト
アルスラーン:小林裕介
ダリューン:細谷佳正
ナルサス:浪川大輔
エラム:花江夏樹
ギーヴ:KENN
ファランギース:坂本真綾
銀仮面卿:梶裕貴

アンドラゴラス三世:菅生隆之
タハミーネ:田中敦子
ヴァフリーズ:津田英三
カーラーン:大川透
キシュワード:安元洋貴
クバード:三宅健太
シャプール:小西克幸
イノケンティス七世:桜井敏治
ギスカール:子安武人
ボダン:斎藤志郎

 

『アルスラーン戦記』アニメ公式ホームページ

『アルスラーン戦記』原作漫画公式ホームページ

©2015 荒川弘・田中芳樹・講談社/「アルスラーン戦記」製作委員会・MBS


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top