35周年記念作の舞台は宇宙 『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』2015年3月上映

 

2015年に映画シリーズが35周年を迎える『ドラえもん』。その最新作『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』は宇宙を舞台にした作品で、2015年3月7日から、全国東宝系にて上映開始される。
また、35周年を記念して、『のび太の恐竜』(1980年)からこれまで公開されたドラえもん映画を上映する「ドラえもん映画祭2015」の開催も決定している。詳しくは公式サイトをチェック。

 

映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ) キャスト・スタッフ

ドラえもん:水田わさび
のび太:大原めぐみ
しずか:かかず ゆみ
ジャイアン:木村 昴
スネ夫:関 智一

原作:藤子・F・不二雄
監督:大杉宜弘
脚本:清水 東

 

ストーリー

ヒーローに憧れるドラえもんたち5人は、ひみつ道具「バーガー監督」とヒーロー映画を撮っていた。すると、地球に不時着していたポックル星人のアロンに本物のヒーローと間違われて宇宙へと連れて行かれる。到着したポックル星は一見、発展した豊かな星のようだったが、その陰では宇宙海賊のある恐ろしい計画が進行していた……。

このままではポックル星は滅んでしまう。ポックル星を救え!ドラえもんたち「銀河防衛隊」!!

 

『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記 (スペースヒーローズ)』公式サイト
©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2015


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top