【レビュー】劇場公開にあわせて新発売! S.H.Figuarts『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』シリーズから5体のサンプルをチェック!!

スター・ウォーズファン待望!「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」に直結する新たな物語『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』がいよいよ12月16日より公開!!
バンダイコレクターズからは同作より、5体の「S.H.Figuarts」が公開後順次発売されます。
※「デス・トルーパー」「ショアトルーパー」「K-2SO」は12月16日発売、「ストームトルーパー」「コンバット・アサルト・タンク・コマンダー」は2017年1月発売予定です。

一足先に届いた製品サンプルを手に、まだ見ぬ物語に思いをはせつつ仕上がりをチェックしていきますよ。

まずは馴染みの深い「ストームトルーパー」をご紹介。
予告編では、爆発で吹き飛ばされたり、ドニー・イェン演じる「チアルート・イムウェ」に叩きのめされたりと、やはり圧倒的にやられシーンが多いですね(笑)。

 

●ストームトルーパー

01

02

基本的に旧三部作(エピソード4~6)に登場したものと同じスタイルですが、腹部プレートのディテールや足首関節の色など、『ローグ・ワン』劇中での仕様に合わせ細部のデザインの違いが忠実に再現されています。
白いアーマーの艶も美しい仕上がり!

 

03

04

銃は3種類が付属。太もも部分をスライドさせて股関節の可動域を広げることができ、全体に旧三部作版で発売されたものよりも可動範囲が大きく広がっていますよ。

 

●コンバット・アサルト・タンク・コマンダー

05

06

こちらは帝国の「コンバット・アサルト・タンク・コマンダー」。その名の通りホバータンクの車長を務める兵士で、予告編ではハッチから身を乗り出した姿が確認できます。
アーマーは半艶の白にスミ入れを施した渋めの塗装が製品でも丁寧に仕上げられていますね。

 

07

08

軽装の下半身は、片膝をつくこともできる可動範囲の広さ。ブラスターライフル1挺が付属し、タンクを降りて戦う姿も楽しめます。

 

●デス・トルーパー

09

10

ストームトルーパーとは対照的に真っ黒なアーマーに身を包んだ「デス・トルーパー」は、ひときわ不気味な存在! 反乱軍の殲滅にあたる帝国軍の将校「オーソン・クレニック」が率いる精鋭部隊ということで、劇中でも他のトルーパーとは一味違う強敵となることが予想されます。
黒一色の装備ですが、艶のあるアーマーと艶消しのアンダースーツ、ベルト周りの装備品など、箇所ごとにかなり細かい塗り分けが再現されていますよ。

 

11

付属武器は、ハンドブラスターとブラスターライフルの2種。ハンドブラスターは一部パーツの差し替えにより、腰に提げることができます。

 

12

こちらも可動範囲の広さはバツグン! 腰のポーチは左右に回すことで、脚を上げる動きの邪魔にならないようになっています。

 

●ショアトルーパー

13

14

ミリタリー色の強い『ローグ・ワン』の戦闘シーンを代表するような「ショアトルーパー」。「ショア」は海岸を意味し、これまでのシリーズにあまり見られない爽やかな青空と渚の広がる「惑星スカリフ」で、施設の警備に就く兵士たちです。
背景のカラーもそんなイメージに合わせてみたので、青空の下、波を蹴散らしながら戦う姿を思い浮かべてみてください。

 

15

武器はストームトルーパーと同じハンドブラスターと、二連の銃身を持つ専用ブラスターの2種が付属。迷彩風のブラウンのアーマーは艶消しで、汚しも他のトルーパーたちより強めに入れられていますよ。

 

16

腰を覆うアーマーの裾には軟質素材が使用されていて、幅広い可動を妨げません。なお付属の手首はトルーパー4体いずれも、握り拳、銃持ち手、銃に添えられる平手の3種ずつです。

 

●K-2SO

17

18

残る1体は、ドロイドの「K-2SO」。肩には帝国のマークが入っていますが、再プログラムによって反乱軍に同行! 予告編でも主人公の「ジン・アーソ」と共にいるシーンが多くみられ、主要キャラの一人として活躍してくれそうですよ。

 

19

関節部のメカニカルなディテールも精密に再現。無機質ながらどこか可愛くも見える丸い目は、クリアパーツの奥にシルバーの塗装が施されて、ぼんやり光っているような様子が表現されていますよ。

 

20

細い手足の可動も、他のキャラクターと遜色ありません。手首は拳、指を伸ばした平手、物を持てる隙間の空いた握り手の3種ずつ。

 

21

というわけで、紹介してきた5体を勢ぞろいでどうぞ!
こうして並べると、他のトルーパーよりも長身のデス・トルーパー、それよりさらに頭一つ高いK-2SOと、劇中に忠実な身長差もポイント。
フォースを持たない兵士たちが、最盛期の帝国軍に立ち向かう『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。戦場シーンを観たら、トルーパーたちも複数買いしたくなる可能性は高そうです。
映画を観てすぐに遊べるように、早めにご注文くださいね!

 

 


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top