【レビュー】 KT Project KT-011 タケヤ式自在置物 蛇螻蛄(ヘビケラ) 鉄錆地調[海洋堂]

 
タケヤ式自在置物シリーズでは初の原作付きアイテムとなる、「蛇螻蛄(ヘビケラ) 鉄錆地調」の製品サンプルレビューをお送りします。

01

「ヘビケラ」は『風の谷のナウシカ』で、腐海の空を悠々と飛び回っていた長大な翅蟲(はむし)。
アスベルを空中で襲い、ナウシカのメーヴェを叩き落とすシーンが印象的ですね。
劇中に登場した大きな個体は、平らな胴の幅がメーヴェを覆うほどという巨体でしたが、この自在置物でも全長約40センチという迫力のサイズで立体化!

 

02

手にしてみると、その大きさがよくわかりますね。
なんだか、アマゾン探検のドキュメンタリーにでも出てきそうです(笑)。

 
03

細部にもご注目!
甲殻類と虫をミックスしたような解釈のディテールに、黒鉄色に銅色のスミ入れを施した金属風味の塗装。
生物としての密度を高めつつ、「自在置物」のネタ元である金属で打ち出した工芸品にも寄せた仕上げとなっています。

 
04

胴体の裏面も精細な筋がリアルな作り込みで、虫などが苦手な人にはちょっときっつい画像ですねこれ(笑)。

 
05

4枚の翅は、網の目のように広がる脈に本体より明るい金色の彩色。その間の薄膜にも細かなディテールが施されていて、金属質の塗装による反射が美しい!
実物を手にしたら、ぜひいろんな角度から光を当てて鑑賞してみてください。
なお、翅の付け根は6ミリのリボルバージョイントにより可動し、羽ばたく動きを表現。胴体側の軸が斜めに挿さっているので、動かすときにはこの軸角度を意識しましょう。

 
06
07

全身の可動も生物としてのイメージをそのままに、節ごとに別パーツで構成された胴には多数のリボルバージョイントを内蔵することで、うねるような動きを自在に表現できるようになっています。

 
08

独特の突起を備えた尻尾の先はかなり細くなっていますが、ここにも4ミリジョイントを内蔵。端から端までくねくね動きますよ!

 
09

そんな素敵可動の秘密を公開!
パーツをバラしてみるとこんな感じで、連結したリボルバージョイントによるフレームが内蔵されているのです。

 
10

フレームのメインになっているのは、タケヤ式自在置物の「麒麟」で開発された、片側が軸受になっている連結用8ミリジョイントが12個。
そして、ダブルジョイントの可動部のみを繋げた15連結6ミリダブルジョイントが、細くなる後半に使用されています。

 
11

全バラしは自己責任となりますが、このように8ミリジョイント部分をいったん外して向きを変えるのはリボルテックの基本テクニック。
ポーズ付けの幅が大きく広がります。

 
12

ジョイントの向きの調節によって上下だけでなく左右や斜めへ曲げることで、より表情豊かな動きを演出できるんです!

 
13
14

可動ギミックは、頭部にも。
劇中でアスベルを挟もうとした大きな2本の牙が左右に開閉するのに加え、下顎も開閉することができます。
カッと口を開いた顔は、一目で攻撃的な肉食系であることが伝わってきますね。

 
15

なお、こちらが付属の台座。2本の支柱で長い身体を支えて飾れます。
「蛇螻蛄」の銘入りプレート付きですよ。

 
16

怪獣映画のごとく、凶暴に襲い掛かるヘビケラ!

 
17

そして、我が物顔で宙をたゆたうヘビケラ。
厳しい環境で人を拒みながらも美しさを秘めた腐海を彷彿とさせる姿を、迫力あるサイズで楽しめますよ。

この鉄錆地調に続いて、極彩色の赤い顔が鮮烈な着彩版も予約開始となっています。
お好みでお選びください!

 


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top