仮面ライダーBLACK RXの同志「光の車」が復活!バンダイ「S.H.Figuarts ライドロン」レビューでぶっちぎるぜ!

「光の車」が放映から27年後に復活!
『仮面ライダーBLACK RX』のアクロバッターに並ぶ相棒・ライドロンがS.H.Figuartsで蘇る!現在の技術だからこそ可能になった細部の表現やインパクト大の個性的な外観など、徹底的に再現された「光の車」こと「S.H.Figuarts ライドロン」レビューでぶっちぎるぜ!

 

S.H.Figuarts ライドロン

<ライドロン、俺はお前の走る姿を見たい


が、叶った――――――!!!あ、静メカです。
ライドロンですよライドロン!RXの合図とともに敵にぶっ込んで来る映像と幼年誌で見たあの勇姿そのままに、S.H.F.スケールで完全復活!『仮面ライダーBLACK RX』といえば、アクロバッター(超かわいい)の存在も魅力的でしたが、数あるサポートマシンの中でも一番の存在感を放つ「ライドロン」が、まさかのS.H.F.で一般販売です!

「トライドロン」の検索で引っかかって来てしまった若い人!これがその「トライドロン」の偉大な先輩であり、仮面ライダーBLACK RXの良き相棒、初の「仮面ライダーが乗る4輪車両」である「ライドロン」なのですよ!

 





この斬新過ぎる特徴的なフォルム!懐かしくて涙が出そうですよ……!
すいません、わたくし『仮面ライダーBLACK』どストレート直撃世代なのでこの「昭和にも平成にも属さない独特の世界観」がたまらな過ぎる。フロントからリアへと続く流れるようなボディライン、ライダーの複眼を思わせるスモークのキャノピー、その上に被さる鋸状のパイルエッジ……放映当時、玩具やプラモも出ていましたが、大人の鑑賞に耐えうる夢の「ライドロン」が目の前に!当然ながら転がし遊びが可能です!

 



もちろん細部もすごいぞライドロン!
真っ赤なボディに「RX」のマーク、車体後ろに覆いかぶさるようなドアの構造、車体表面のディテールなども緻密に再現されています。(映像ではミニチュアと実車では、少しディテールが違うんですよね)この「パイルエッジの隙間」に、意味もなく憧れたわぁ……(今も)

 


どこから見てもウットリするくらいの造形美なのですが、刮目すべきはこのリアのジェット部分!水中走行時に使用していたスクリューがちゃんと中に入っていて、しかも後輪の回転と連動して内部で回る!ブンドドするとスクリューが回るんだぜ!キュンキュンしちゃう!


気になるサイズ感ですが、一言で言ってデカいです。500mlのペットボトルと並べてみると一目瞭然、全長30cm超えます。まあ、1/10くらいのミニカーって思えば相当な大きさですからね。

 



時にはRXの移動手段として走り、時には「ライディングアロー」で敵を倒す「ライドロン」ですが、S.H.F.ではギミックとして左右のドアが開閉。内部のコクピット周りも色分け含め完全立体化されています。アンテナはドアの開閉時にぶつからないよう可動し、シートも別パーツで造型、運転席のメカニックの点灯表現なども細かい!

 

シフトレバーのところにある「RX」の文字まで再現!恥ずかしながら、こんなところにあるなんて覚えてなかった……!

 



もうひとつのギミックとして、パイルエッジの裏側にあるスイッチを押すと顎部から「グランチャー」が飛び出す!これも劇中で活用していましたね。バチッと小気味いい感触で刃が飛び出します。


裏から見ると分かるように、ステアリングと前輪が連動しています。もちろん裏側から見ても造型にぬかりなく、ビス穴が見えないよう処理をしているなど「本物のライドロン」に近づけようとしているのが解ります。

 

「ライドロン、お前は俺の夢だ!」


「お前は俺の同志、友達だ!」




やっぱりライドロンはRXと一緒がいいよね!
当然、別売りの「S.H.F.仮面ライダーBLACK RX」を乗せてドアを閉める事が可能で、このスモーク加減も劇中そのままのイメージで素晴らしいです。ああ、中にヒーローフィギュアが入る車両玩具って楽しすぎるな……!

 

「聖なる海の洞窟」のイメージで(光太郎変身してるけど)。
劇中を完全再現したい人は2台買って1台を爆破……って無理無理無理。第4話はライドロン誕生、と同時にアクロバッター大活躍回でしたね。お手持ちの方は、発売済の「S.H.F.アクロバッター」も一緒に飾ろう!あの「知っているけど教えない」は何だ!ツンデレか!可愛いなもう!

 



撮影していて愛情が湧くから不思議ですよね自我を持つメカって。
放映当時は「車に乗ったらライダーじゃなくてドライバー」とか言われましたが、後輩なんて電車に乗るわ他人に車を運転してもらうわだし単にカッコいいからいいのです。すごい求心力のあるデザインですよね。とにかく「S.H.F.スケールの4輪車両」なので、ミニカーとして考えてもすごいボリューム感、でもBLACK RXと一緒に居ると頼りになる相棒、と大きさだけでなく存在感に満足できる、なんとも嬉しいアイテムです。

 
「S.H.Figuarts ライドロン」は11月発売、ぶっちぎるぜ!

 

S.H.Figuarts ライドロン 購入ページはこちら

 



と、いうわけで「車に乗るライダー」同士でおまけ。もちろん「ライドロン」でも「トライドロン」でも2人で乗れます。
※画像は試作品を撮影となります。実際の商品とは異なります。

© 石森プロ・東映


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top