それは 剣というにはあまりにも大きすぎた。メディコム・トイ「RAH ガッツ 黒い剣士Ver.」レビュー

大人気コミック『ベルセルク』より、主人公である呪われし漆黒の戦士「ガッツ」が「鷹の団Ver.」に引き続き「黒い剣士Ver.」でRAH化!「ドラゴンころし」「義手の大砲」など、運命に翻弄されながらも数々の敵を葬ってきた装備など、彼の全てを超クオリティで1/6で立体化した「RAH ガッツ 黒い剣士Ver.」のデコマスをご紹介です。

 

RAH ガッツ 黒い剣士Ver.


それは 剣というにはあまりにも大きすぎた
大きく 分厚く 重く そして大雑把過ぎた
それは 正に鉄塊だった



こんにちは静メカです。
『ベルセルク』より、物語のはじまりから登場し最もお馴染みの姿である「RAH ガッツ 黒い剣士Ver.」がついに登場!
ご覧のとおり、RAH史上最大級のボリュームと作り込みで商品化です。すでにこの時点で「ドラゴンころし」の鉄の塊感ハンパないのですが、まずは主人公である「ガッツ」本体の仕様からご紹介です!


近寄って見ても、1/6スケールとは思えないほどのリアリティですね。マントはワイヤー入りで、劇中の様々なシーンをアクションさせられるだけでなく、原作の闇に引きずり込まれるような禍々しいタッチも再現。アーマー類の一部に軟質素材を使うことで、これだけ全身フル装備でも劇中さながらの激しいアクションをさせる事ができます。




ガッツを代表する大型の剣、いや大きくぶ厚く重く、そして大雑把すぎる「ドラゴンころし」に、左手の「義手の大砲」、差し替えの「ボウガン」など、「黒い剣士」となってから得た武装も1/6スケールで完全立体化。革のポーチ類や鉄の錆びた質感まで、塗装と造型で超リアルに再現されていて、腰の「ナイフ」は鞘から取り出して手に持たせることも可能です。


マントは着脱可能で、「ドラゴンころし」のホルターや各種装備などの背中のアイテムも完全再現。また、首にはガッツの運命を大きく変えた赤き「生贄の烙印」もペイントされています。※血は流れません



PVC製の頭部パーツは、コミックスのイメージを徹底再現!立体化が意外と難しい「短髪」も、非常にシャープに造型されています。「通常顔」と「叫び顔」の2種が付属し、眼球可動ギミックで目線も自由に変えられます。白目にすると、劇中さながらの「狂戦士」らしい表情に!

 

「祈れば手が塞がる!てめえが握ってるそれは何だ!?」


ガッツは劇中で「鷹の団時代」「狂戦士の甲冑」と何度か装いを変えますが
(・3・)<ガッツといえば「黒い剣士」ですがなー
という静メカみたいな人には、超待望のアイテム!細かい作り込みを発見するたびに「こんなところまで再現されてる!」と嬉しくなります。リアルな造型、質感の表現など完全に「アクションフィギュア」の概念を覆す、高すぎるこの完成度を、ぜひ「RAH ガッツ」で味わって頂きたい!森や岩場での野外撮影とかもものすごく楽しそう。

 

リアルアクションヒーローズ『ベルセルク』 ガッツ 黒い剣士Ver. 購入ページはこちら

© 三浦建太郎(スタジオ我画)/白泉社
※画像は試作品を撮影したものです。実際の商品とは異なります。


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top