神を超え、悪魔を倒すマジンガーが参戦!バンダイ「NXEDGE STYLE [DYNAMIC UNIT] マジンカイザー」レビュー

「目覚めるがよい、マジンカイザー!」(十蔵おじいちゃんの声で)

ミニマムな頭身に驚きの可動範囲で、第1弾「ストライクフリーダムガンダム」から好評の「NXEDGE STYLE(ネクスエッジスタイル)」に、ついに超王道スーパーロボットを代表する「ダイナミックロボ」が参戦!好評発売中の「NXEDGE STYLE [DYNAMIC UNIT] マジンカイザー」の、神にも悪魔にもなれる超アクションや、よりシリーズを楽しむ方法をご紹介です!

 


こんにちは静メカです。
お待たせしました……!!昨年10月の「NXEDGE STYLE」連続レビューで予告していた、こちらの「魔神皇帝」の製品サンプルをやっとご紹介です!


「NXEDGE STYLE [DYNAMIC UNIT] マジンカイザー
2014年12月末に発売で、すでにお手元で遊ばれている方も多いはずのこのアイテム、改めて製品サンプルをあみブロでレビューです!

NXEDGE STYLE [DYNAMIC UNIT] マジンカイザー



ゲーム「スパロボ」で初登場、その後OVA化されるというダイナミックロボの中では異色の経歴を持つ、魔神皇帝こと「マジンカイザー」登場!悪魔チックな翼も、「NXEDGE STYLE」フォーマットに合わせて大型化&ディティールアップされ、可愛い頭身ですが元デザインの「魔神らしさ」「禍々しさ」「トゲトゲしさ」がさらに増幅されています。



そしてこの鬼のディティール!鬼じゃなくて魔神だけど!
全高90mmの手のひらサイズながら、近寄ってみてもこの密度感。胸に輝く搭乗者の証の「Z」の文字もモールドされています。ハイディティールとは言っても、むやみやたらに入れているのではなく流線型の機体フォルムを活かすようメリハリをつけて造形され、いわゆる非常に「スーパーロボットらしい」仕上がりになっています。



もちろん可動もすごいぞネクスエッジ!全身の可動は20箇所以上、ひじやひざも90度以上曲がり、足首も良く動くのでポージングも楽々です。胸の「ファイヤーブラスター」も可動、「カイザースクランダー」は上の2枚の角度が調整可能、兜十蔵が甲児に託した頭部のカイザーパイルダーも着脱できます。




この広い可動範囲のおかげで、カイザーブレード(これも「Z」の刻印が!)の両手構えも再現可能、耳の部分にある角を前に倒しての「冷凍ビーム」、右腕を外してスタンドに装着させれば「ターボスマッシャーパンチ」の発射シーンとして飾ることができ、お手頃価格のアイテムながらお値段以上のプレイバリューを誇ります。



もちろん、今までの「ネクスエッジ」シリーズ同様にスタンドが付属、真紅の翼を広げての魔神アクションが堪能できます。(そういえば、今までのネクスエッジはみんな翼があるロボなのね……)

と、撮って飾って飛ばして楽しい「NXEDGE STYLE マジンカイザー」、皆さんも既にモリモリと遊ばれているかと思いますが、ちょい足しでもっとネクスエッジがカッコ良くなる裏ワザ(?)をご紹介です!

 

ちょい足し☆ネクスエッジ~その1~



まずは基本の「スミ入れ」ver.。
全身のモールドに黒やグレーの塗料を流し込むと、全身に血管のように浮かぶディティールがさらに強調され、まさに「魔神皇帝」と呼ぶに相応しい雰囲気に!


スクランダーを塗り分けしてみたり、箇所によってスミ入れの色を変えたりすると、メカの緻密さが何倍にもアップ。胸やブレードの「Z」の文字も見やすくなり、見るたびにマジンカイザーの名シーンが蘇ります。スミ入れはガンプラマーカーなどのペンでも出来ますが、細い部分などは「描く→不要な線を拭き取る」が出来るリムーバーがあると便利です。

 

ちょい足し☆ネクスエッジ~その2~



お次は激戦の跡を思わせる「ウェザリング(汚し塗装)」ver.。
黒×赤のビビットな色味も一段落ち着き、リアルっぽい雰囲気になります。個人的にはこれが一番好みです。なぜならブロークンメカが好きだから!


本編では無類の強さを誇ったマジンカイザーですが、こんなイメージも意外と似合う?模型ツールではウェザリング用のパウダーなども市販されているので、塗装は不安……という方はこれから初めてみてもいいかも。

 

ちょい足し☆ネクスエッジ~その3~



続いて塗料を含ませた筆で表面を撫でる「ドライブラシ」ver.。
凹のモールドを活かす「スミ入れ」に対して、凸のエッジが際立ちます。


ドライブラシと併用して、「スキマ」を塗り足すとさらにメカ感アップ!PVC製完成品なのに、金属の硬質感も表現できたり、スミ入れやウェザリングと併用してリアル感をさらに増したり、と非常に幅の広い改造方法です。


(´・ω・)<まだ一緒に戦えるメカが発売されてないよ……と、グレートやあしゅら・マジンガーの商品化も待ち遠しいのですが、まずは好きなイメージでマジンカイザーのバリエーションを作ってみても楽しい!拡張できるスタンドで、みんな一緒に飾ってあげましょう。扱いやすい大きさに広い可動範囲、定価もプラモと同等程度ですので、是非他の魂ブランドとは違う遊び方も試してみてください。
※ラッカー系塗料は、製品の軟質素材を侵す可能性があるので塗装は水性塗料の使用をおすすめします。また、塗装などの改造は自己責任のもと行って下さい(製品のサポート範囲外となります)。

 

マジンカイザーがあればお前は神を超え! 悪魔を倒す事もできる! 世界はお前の思うがままだ!


なんてステキなトゲトゲ加減だ……!
わたくしはOVAで初めてマジンカイザーを観た派なのですが、OVAの明るくカラッとした作風からの続編の『暗黒大将軍』のインパクトは忘れられません。

初の [DYNAMIC UNIT] となるマジンカイザー、もともとマジンガー系列の中ではディティール多めのデザインでしたが、それをさらにアップさせつつうるさくならない、統一感のあるアレンジは毎回ながらお見事!ブレードやロケットパンチといった「王道スーパーロボット」のアクションも大変良くキマり、それでいて魔神の風格も損なわれないのがすごい!記事内のように塗装してみるのももちろん、ディティールを活かして色々なシチュエーションで撮影してみるのも楽しく、ネクスエッジの可能性をまた広げてくれる楽しいアイテムです。

そして次なる「NXEDGE STYLE」あみブロレビューは…………


NXEDGE STYLE [KMF UNIT] 紅蓮聖天八極式!
こちらも製品サンプルが出来次第、レビューさせて頂きます!

(C) 2001 永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所
※画像は試作品を撮影したものです。実際の商品とは異なります。


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top