【プラモデル新商品情報】「メガミデバイス SOLロードランナー 1/1 プラモデル」「1/48 独・ビュッカーBu 181ベストマン・対戦車攻撃部隊 プラモデル」ほか予約受付中!

コトブキヤ

■メガミデバイス SOLロードランナー 1/1 プラモデル

<製品仕様>
プラモデル
【スケール】1/1
【サイズ】全高:約140mm

<解説>
原型製作:浅井真紀、福元徳宝、辛嶋俊一

「美少女×メカニック」新シリーズ『メガミデバイス』第4弾!
最新作は「SOLロードランナー」!!

可動美少女素体にウェポンやアーマーを装着して楽しむ組み立て式プラモデルシリーズです。
素体は浅井真紀氏による新設計素体“マシニーカ”を採用!
そして、第四弾のデザイナーは黒星紅白氏&柳瀬敬之氏による強力タッグ!

【付属品/ギミック】
・1キャラにつき3種の塗装済み顔パーツが付属。
・メカニカルなアーマーを身に着けた「武装モード」と、アーマーを脱いだ「素体モード」をパーツ差し替えで再現できます。
・第三弾の「SOLホーネット」と装甲を組み合わせるギミックがあり、「フルアーマーモード」になります。
・新素体“マシニーカ”の驚異の可動範囲で、武器構えポーズや座りポーズが自然にキマります。
・専用ヘルメット、ビームブレード、ビームハンドガンなど、多彩な武器パーツが付属。色々なコンバットシーンを想定して遊ぶことができます。
・ボリュームたっぷりの脚部アーマーにはジョイント穴を多数配置。オリジナルカスタマイズの幅が広がります。
・各部に配置された3mm径の穴により既存M.S.Gシリーズ、フレームアームズ、フレームアームズ・ガール シリーズの武装と併用が可能。
・PVC製の手首が左右それぞれ5種付属。既存M.S.Gシリーズ、フレームアームズ、フレームアームズ・ガール シリーズの武装を持つ事が可能。
・瞳、マーキングなどのデカールが付属。

【メガミデバイスとは】
全高14cmの自立型フィギュアロボが存在し、プラモデルを楽しむように作って、改造して、戦わせることのできる“近未来のバトルホビー”を想定したプラモデルシリーズです。
可動フィギュアの第一人者、浅井真紀氏新設計素体“マシニーカ”をコアとし、キャラクター&メカニックを様々なデザイナーが手掛けてまいります。
第3~4弾は頭部キャラクターパートを黒星紅白氏が、メカニックパートを柳瀬敬之氏が担当。両氏の持つ魅力的なデザインはメガミデバイスのバリエーションを大きく広げてくれます。
成型色は色分けがされ、顔はタンポ印刷で塗装済み、組み立てただけでイメージに近い仕上がりになります。
3mm径のジョイント穴の採用で、今後のシリーズ内でのパーツ互換性はもちろんのこと、すでに発売済みのコトブキヤプラモデルパーツの多くと組み合わせて遊ぶことができます。

メガミデバイス SOLロードランナー 1/1 プラモデル 購入ページはこちら

© KOTOBUKIYA・RAMPAGE ©Masaki Apsy

 

M.S.G モデリングサポートグッズ ウェポンユニット40 マルチキャリバー 購入ページはこちら

 

M.S.G モデリングサポートグッズ ウェポンユニット41 バリスティックシールド 購入ページはこちら

© KOTOBUKIYA

 

スペシャルホビー

■1/48 独・ビュッカーBu 181ベストマン・対戦車攻撃部隊 プラモデル

<製品仕様>
プラモデル
【スケール】1/48

<解説>
ビュッカー・ベストマンは優れた運動性と安定性、操縦の容易さなどでドイツ軍の中で訓練や連絡などで広く使われていました。
大戦末期にドイツ軍はソ連軍戦車部隊の対抗処置として多くの航空機に対戦車装備を施して近接支援航空部隊を編成しました。
ベストマンでは主翼に歩兵用対戦車兵器のパンツァーファーストを4本搭載したタイプや50kg爆弾3発を搭載したタイプが作られました。

海外商品のため、当店入荷時にパッケージに汚れや傷みがある場合でも、メーカー交換ができません。
パッケージ状態を気にされる方は注文をご遠慮くださいますようお願いいたします。

1/48 独・ビュッカーBu 181ベストマン・対戦車攻撃部隊 プラモデル 購入ページはこちら

 

1/32 ルーマニア・IAR.81C迎撃戦闘機 プラモデル 購入ページはこちら

 


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top