『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定) [コトブキヤ]

コトブキヤ・プラモデルシリーズにて『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のエヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)が遂に商品化!
スケール表記は既存のエヴァンゲリオンシリーズと同様に1/400スケールでの立体化になります。
CAD設計による精密な関節部設計と原型師の手で作り出す洗練されたフォルムの造形にてエヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定)を皆様にご提供します。

ギミック解説
■口の展開は可動により差し替え無しで再現が可能。
■腿前面と膝頭が連動し可動。
■副腕の展開状態を差し替えで再現が可能。
■顔を上に向ける際に、喉部が連動し可動。
■収束状態の槍をジョイントパーツと2本分の柄を使用し再現が可能。(収束状態は1本のみ再現可能。)

一部塗装済み箇所
■疑似シン化第3+形態時の瞳、通常時の瞳は塗装にて再現。

原型制作:桑村祐一、千葉翔平、清水康智

プラモデル
【スケール】 1/400
【サイズ】 全高:約 190 mm

【セット内容一覧】
本体
槍×2本
フライングベース
フライングベースに接続する光輪支持パーツの台座
副腕展開パーツ一式
光輪支持パーツ
光輪
収束状態の槍再現用ジョイントパーツ
フライングベース対応用の臀部パーツ

 

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』エヴァンゲリオン第13号機 疑似シン化第3+形態(推定) 購入ページはこちら
©カラー


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top