「便利屋」キャスト3名も登場 「TVアニメ『GANGSTA.』先行上映イベント~便利屋@TOHOシネマズ新宿~」イベントリポート

6月21日、東京・新宿で「TVアニメ『GANGSTA.』先行上映イベント~便利屋@TOHOシネマズ新宿~」がTV放映に先駆けて開催、ウォリック・アルカンジェロ役の諏訪部順一さん、ニコラス・ブラウン役の津田健次郎さん、アレックス・ベネデット役の能登麻美子さんの3名をゲストに迎え、集まったファンを前に、トークショーと世界最速上映会で一足先に『GANGSTA.』の世界で盛り上がった。

 

諏訪部さん、津田さん、能登さんの3人は、劇中のニコラスと同様にドッグタグを付けて歓声の中で登場。中でも諏訪部さんは自身の演じるウォリック同様に「眼帯」をつけてくる凝りようだ。『GANGSTA.』は原作コミックとドラマCDを展開する中で、TVアニメ化プロジェクトが発表されてから1年近く経過しており、当日上映された第1話のみどころについて聞かれると「(1年近く経過して)ドッキリに会っているのでは、と思う。ここまで漕ぎ着けられて嬉しいです(諏訪部)」「長かったですが、綿密に世界観を組み上げて万全の体制で来られた(津田)」「すごく楽しみです。いよいよ始まる盛り上がりを感じて下さい(能登)」と、7月からの待望の放映に向けて、出演者側からも高まる期待を語られた。

 

世界最速となるアニメ第1話の上映の後、「それぞれのキャラについて」という質問が。『GANGSTA.』はアニメと同じキャストでドラマCDも展開している。アニメ化にあたり大きく演技の形が変わったのが、津田さん演じるニコラスである。「手話の部分が映像になるため、ドラマCDよりも圧倒的にセリフが減り、前半なんかずっと息づかい。その分一言一言の比重が大きくプレッシャーになってくる」と、映像が付いたことによる変化と演じ分ける難しさを語られた。

ニコラスは、聴力を失っているという設定。本放送時には彼の手話やセリフに字幕が入るなどの配慮もなされるが、劇中でのニコラスの手話やセリフは東京都聴覚障害者連盟の方々の監修を受けており、非常に綿密なドラマづくりがなされている。そんなニコラスを演じるについて津田さんから「僕も(連盟に)取材に行かせて頂いて、相談しながらどういう感じの喋り方にするか非常に悩んだ。アニメにする上で相当色んなパターンを撮っている」と、ニコラスの役作りのための努力を真剣な表情で語られた。

そのニコラスの相棒であるウォリックについては諏訪部さんから「チャラい感じですが決めるときは決める。重い過去の悲哀も匂わせつつ、しかし軽妙なところは軽妙に」と、こちらもニコラスとは異なる演技の複雑さが語られた。

ヒロインである能登さん演じるアレックスは、第1話からハードな描写も見られるキャラだ。「彼女はすごく背負っているものが重く、緊張感があるが話数を追うごとに、それが解けていく。第1話はアレックスの悲しみ、痛みを丁寧にやれたらと思いました」と、第1話のアレックスを演じた感想を述べられた。

ここで警察に所属するチャド役:金尾哲也さん、コーディ役の石川界人さんからのメッセージが壇上に届けられ、詳しい作品解説とともに「三者三様のアプローチで皆を引っ張って下さい」という金尾さんと、「僕も頑張ります」とシンプルに伝えた石川さんのメッセージの対比に、会場から大きな笑いが沸いた。また原作者・コースケ先生、村瀬修功監督からも会場にメッセージが届けられ、7月の放映に向けて会場の期待も一気に高まった。

 

最後に「洋画っぽい雰囲気で、ロングショットが多いですが、その画でも喋っている時に口が動いていて(アフレコが)大変です。TVでもその雰囲気を感じて頂ければ(諏訪部)」「原作に準拠した空気感を壊さず、でもTVならではの構成もあります。原作ファンの方も『なるほどね』と思うシーンも結構出てくる(津田)」「群像劇として膨らんでいきますが、それが実に見事。戦闘の迫力も丁寧に描かれているので、余すところなく観て頂ける(能登)」と、3名から今後の見どころとともに『GANGSTA.』への意気込みが会場のファンへ伝えられた

大きな盛り上がりのまま「TVアニメ『GANGSTA.』先行上映イベント~便利屋@TOHOシネマズ新宿~」は幕を閉じた。

「今夏アニメで一番毛深い作品」「一番平均年齢の高い作品」などと出演者からも言われていたが、ハードボイルドで時にコミカルな最高にクールな「便利屋」たちが活躍する『GANGSTA.』TVアニメは、7月1日よりABC朝日放送ほかで放映開始。

 

メインスタッフ

原作:コースケ(新潮社「月刊コミック@バンチ」連載)
監督:村瀬修功、シリーズディレクター:初見浩一
シリーズ構成:猪爪慎一、キャラクターデザイン:植田羊一
美術設定:久保田正宏、美術監督:甲斐政俊(スタジオカイム)
色彩設計:斎藤裕子、プロップデザイン:常木志伸、
撮影監督:長田雄一郎(旭プロダクション)、編集:長坂智樹(ジェイ・フィルム)
音響監督:長崎行男、音楽:TSUTCHIE
アニメーション制作:マングローブ

 

TVアニメ『GANGSTA.』公式サイト

© kohske / shinchosha . gangsta. committee


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top