Anime Japan 2015 TVアニメ『血界戦線』スペシャルステージ レポート

2015年3月21日(土) Anime Japan 2015にて、4月より放送のTVアニメ『血界戦線』のスペシャルステージがおこなわれた。作品のPVに乗せ BUMP OF CHICKEN による主題歌「Hello,world!」が紹介されたり、メインキャストが登壇しての番組案内やクロストークに、笑いが絶えない楽しいイベントとなった。

AJ08

(文章中、敬称略)

 

TVアニメ『血界戦線』スペシャルステージ

AJ15

イベント開幕は、キャラクターによる影ナレからスタート。観客を “ヘルサレムズ・ロット” にいる異界の住人と同様に見立て、ビッグサイトは相当危険な場所だ警戒せよ、とクラウスが断じる演出に、原作ファンから早速笑いが漏れる。

 

続いては、何と! 主題歌「Hello,world!」を担当する BUMP OF CHICKEN からのメッセージ映像。
BUMP OF CHICKEN のメンバーからは、楽曲がアニメの主題歌になったことの喜びと『血界戦線』のハイクオリティ、かつカッコいい映像を制作する監督やスタッフへの激励が送られた。その、BUMP OF CHICKEN からのキュー出しで作品のPV第3弾 (「Hello,world!」ver.) がスクリーンに映し出された。

 

BUMP OF CHICKEN らしい疾走感に満ちた主題歌「Hello,world!」に乗せ、キャラクターが次々と紹介される映像は否応なしに作品への期待感を高めてくれる。

AJ07

その映像が流れ終わると、レオナルド・ウォッチ役で、本ステージの司会を務める阪口大助がステージ下手から登場。自己紹介を経て、他のキャストを呼び込んでいった。

まず登場したのは、クラウス・V・ラインヘルツ役の小山力也。登場するや「血界戦線!」と発言。司会の阪口から「それ、どうやってコール・アンド・レスポンスしたらいいかわからないですよ!」と激しくツッコまれるや、ゴリラのような動きで観客を笑わせる。すかさず阪口が「ゴリラは出てこないです!」と否定すると「ゴリラは出てきません。ですがゴリラのような人は出てきます (演じるクラウスは大変大柄なキャラクター)」と自らのキャラクターを紹介。阪口から「挨拶それでいいんですか?!」と促され「私が小山です。宜しくお願いします!」と一礼。続いては、ザップ・レンフロ役の中井和哉が登場。「Anime Japan 楽しんでる!?」と観客を沸かせる一言。

AJ11

チェイン・皇役の小林ゆうは、挨拶とともに、PV「Hello,world!」ver. の出来に興奮している様子を語った。さらに、ソニック役の内田雄馬が、自ら演じているソニックのぬいぐるみを手にして登場、若手らしいフレッシュな挨拶で微笑みを誘っていた。最後は、ホワイト役の釘宮理恵が登壇し、丁寧な挨拶を観客へ送った。釘宮が呼び込まれるや、観客よりも大きな声で小山が「くぎゅぅぅぅぅ〜!」と釘宮の愛称を発していたのも印象的だった。

 

ここで、原作の内藤泰弘先生のメッセージが、内田雄馬の朗読で紹介された。内容は以下のとおり。

AJ06

ようこそ!! AnimeJapan血界戦線ステージへ!!
羨ましいです。豪華出演陣が揃いも揃った豪華なイベント。
でも尺を聞いてビックリ。絶対足りませんね。
絶対にアッという間に終わってしまうので皆さん集中して楽しんで下さい…!!

P.S. きっと阪口さんが死ぬ程働かされると思うのでツッコミフィーをギャラに上乗せしてあげて下さい。

内藤泰弘

司会を務める阪口へ配慮された優しい内容に、阪口からも「今日は大丈夫と思います!」と声があった。

 

TVアニメ『血界戦線』技名を叫んでから殴るアニメのここがスゴイ! 4つのポイント

AJ02AJ03

ここからは着席し、アニメに関してのクロストークが展開された。『血界戦線』は、原作で技名を叫んでから敵を殴るスタイルで構成されており、アニメでもそれが踏襲されている。そんなアニメ『血界戦線』を見る前に、抑えておくべき4つのポイントが紹介された。

 

ポイント1「独特の世界観を織りなす原作『血界戦線』!!」
名作『トライガン』などで知られる原作・内藤泰弘によるバトルアクション『血界戦線』。かつてニューヨークだった街を中心に、世界の均衡を保つため暗躍する組織「秘密結社・ライブラ」に所属するメンバーたちの活躍を描く作品である。ここでは、その独特の世界観を作り出した原作の内藤氏に触れ、忙しい中、合間を縫ってアフレコ現場に足を運んでくれる事に、キャスト陣一同が感謝を述べていた。また、毎回内藤氏が現場に差し入れを持ってきてくれるというエピソードが披露された。阪口から「釘宮さんは、差し入れの中で、これまで何が一番美味しかった?」と質問すると、釘宮から「鯖のお寿司が美味しかった」とコメントがあり、一同からも賛同の声が挙がっていた。本作のアフレコは録音を納得行くまでリテイクするだけでなく、キャラクターについての綿密なすり合わせなども行われ、長時間に亘る事もあるそうだ。そのため、そういった差し入れがキャスト陣も有難いのだろう。また、阪口からは、小山と宮本 (スティーブン・A・スターフェイズ役) がサンドイッチを取り合ったエピソードが明かされた。

 

ポイント2「迫力の映像美&バトルシーン&音楽!」
独特の世界設定といえる “ヘルサレムズ・ロット” のビル群や町並み、そして時折現れる異界の情景など美術レベルの高さ。驚くほど動き回る、熱く・クールなバトルシーン。映像にピタリと合致しているだけでなく、ひとつの作品として驚くほどに完成された劇伴。そして BUMP OF CHICKEN による主題歌。これらが相まってアニメ『血界戦線』が形作られている。ポイント2では、この日に初出となったPV第3弾 (「Hello,world!」ver.) を中心に話題が展開された。

AJ12

ソニック役を務める内田雄馬は「本当に素晴らしいクオリティの映像で、感動しています」と、PV への感想を語った。小林ゆうは PV に使用されている主題歌に触れ「BUMP OF CHICKEN さんの主題歌が最高にカッコよくて感動しました!」と満面の笑顔でコメントした。

 

ポイント3「最強の制作スタッフが集結!!」
ここで、会場のスクリーンにてスタッフ陣を紹介。まずは、脚本の古家和尚氏。傑作ドラマである『LIAR GAME』『ガリレオ』の脚本家としても著名な古家氏の “アニメ初脚本作品” となる。次に、キャラクターデザインとして川元利浩氏が紹介される。『カウボーイビバップ』『ノラガミ』のキャラクターデザイナーといえば、誰もが氏の活躍を知っているだろう。そして『スチームボーイ』など大作タイトルの美術監督も務めた実力派の木村真二氏、映画『SRサイタマノラッパー』シリーズや映画『モテキ』で知られる音楽・岩崎太整氏が紹介された。その上、主題歌を務めるのが BUMP OF CHICKEN と、まさに超一流の制作スタッフである。これをまとめているのが監督兼音響監督を務める松本理恵。以前にも松本監督と仕事をしたことがある釘宮が「こだわりがあり、愛さずにはいられないタイプの方です」と評した。小山が受けて「(釘宮演じるキャラクターの) “ひと言め” にもすごくこだわっていたよね」と話題をふくらませると、釘宮も「作品に対する愛がすごく深い人」と頷きながら返答していた。

 

ポイント4「魅力的なキャラクター!!」
ここでは、キャストが、自ら務めるキャラクターの紹介をおこなった。小山力也からは、クラウスについて「主役だけれども、寡黙だからセリフが少ない」という話題が出された。クラウスは重みのある役割のため、セリフ数が少ない回もあると思われるが、その存在感は圧倒的。特に、戦闘シーンではそれが顕著になっている。ステージでは、阪口からの提案で、ブレングリード流血闘術の技名を叫ぶというファンには嬉しいサプライズが。

AJ10

すると小山は乙女チックな声で「ブレングリード流血闘術 11式、旋回式連突(ヴィルベルシュトウルム)」と、まるで語尾にハートマークが付くような演技。客席の女性ファンからも「可愛い」というつぶやきが漏れていた。それを聞いた中井から「可愛いって反応は間違ってるぞ!」という鋭いツッコミがあり爆笑が起こった。

AJ13

小山は、次は真面目に、と「ブレングリード流血闘術 111式! 十字型殲滅槍(クロイツヴェルニクトランツェ)!! ぬおおおおおぉぉっ!!」と雄叫び。そのカッコ良さに大きな拍手が送られていた。

次は、司会の阪口大助がレオナルド・ウォッチを「普通の少年です!」と紹介。本作品のメインキャラで “普通の少年” ということはまず有り得ないので、そのレオナルドの秘密は、ぜひアニメで確かめて欲しい (PVでもその一端が垣間見える)。

AJ14

続いて、ザップ・レンフロ。阪口から「後輩に対しては面倒見が良い……ってありますけど、どうなんですかね?」と問われると、監督からも演技指導が入っており「ちゃんとした人として演じています」と中井。口も悪く、手も早く、態度も大きいが、情には厚いというザップをどう演じるのか、大いに期待が掛かる。

AJ09

小林ゆうは、演じるチェイン・皇について「クールな印象を与えるキャラクターですけど、中井さん演じるザップさんとはまさに犬猿の仲で罵ったりするので、中井さんのファンの皆様は私のことは嫌になっても、チェインさんの事は嫌いにならないでください!」と発言。ステージ上で総ツッコミを受けていた。

内田雄馬は、演じるソニックについて、人間型ではなくて “猿” なので、(セリフとしての) 日本語をしゃべっていないというエピソードを語った。

最後はホワイトを演じる釘宮理恵。昨年末の “ジャンプフェスタ” 出演時は役名が非公開だったため、「今日は、役名を言うことができて嬉しいです」とコメント。阪口から「オリジナルキャラクターということもありますし、一番 “分からない” キャラクターですよね?」と問われると「私はもちろん分かっているんですけれど、放送前ということもあって、今日は皆さまに何もお伝えすることができないんです」と、微笑みながらもちょっと寂しそうな口調であった。

AJ04

その他、ライブラのメンバーも紹介されたところで、残念ながら時間となり、キャストからお別れの挨拶があってイベントは終了となった。

 

AJ05

このステージに先立ちアニメ2話まで視聴したが、とにかく期待を裏切らない、まさに素晴らしい出来栄えであった。映像のクオリティの高さもさることながら、画面演出、戦闘シーン、ストーリー、劇伴と、ファンが見たかった『血界戦線』がここにあると太鼓判を押せる。このステージがおこなわれた当日も、同じお台場で1話・2話の先行上映イベントが実施されたとのことだが、きっとそれを見た人は同じ感想をもってくれているのではないかと思う。

 

テレビ放送に先立ち、4月3日(金) にはバンダイチャンネル、dアニメストアにて、1話のインターネット先行上映会もおこなわれる。気になった人は、ぜひチェックしてみて欲しい。

 

TVアニメ『血界戦線』作品紹介

【作品情報】
2015年4月より本放送開始!

◆放送情報
MBS  4月4日より 毎週土曜26:28〜
TOKYO MX 4月5日より 毎週日曜24:00〜
BS11  4月5日より 毎週日曜24:30〜

◆配信情報
GYAO!       4月6日より 毎週月曜12:00配信
バンダイチャンネル  4月7日より 毎週火曜18:00配信
ニコニコ生放送    4月7日より 毎週火曜24:00配信
ニコニコチャンネル  4月7日より 毎週火曜24:30配信
dアニメストア    4月8日より 毎週水曜12:00配信

◆スタッフ
原作:内藤泰弘(集英社 ジャンプ・コミックス刊)
監督:松本理恵
脚本:古家和尚
キャラクターデザイン:川元利浩
クリーチャーデザイン:杉浦幸次
プロップデザイン:神宮司訓之
エフェクト作画監督:橋本敬史
美術監督:木村真二
色彩設計:後藤ゆかり
撮影監督:池上真崇
3DCG:カプセル
編集:西山茂(リアル・ティ)
音響効果:今野康之(スワラ・プロ)
音楽:岩崎太整
アニメーション制作:ボンズ
製作:血界戦線製作委員会

◆キャスト
クラウス・V・ラインヘルツ/小山力也
レオナルド・ウォッチ/阪口大助
ザップ・レンフロ/中井和哉
チェイン・皇/小林ゆう
スティーブン・A・スターフェイズ/宮本充
K・K/折笠愛
ギルベルト・F・アルトシュタイン/銀河万丈
ソニック(音速猿)/内田雄馬
ブリッツ・T・エイブラムス/大塚明夫
パトリック/石塚運昇
ドグ・ハマー/宮野真守
デルドロ・ブローディ/藤原啓治
ツェッド・オブライエン/緑川光
堕落王フェムト/石田彰
ホワイト/釘宮理恵
ほか

◆WEBラジオ
アニメ『血界戦線』技名を叫んでから殴るラジオ!
メインパーソナリティ:小山力也さん、阪口大助さん
アシスタント:内田雄馬さん
配信:インターネットラジオステーション<音泉>

 

[取材 amiami hobby news]
[写真提供 血界戦線製作委員会]

TVアニメ『血界戦線』公式サイト

アニメ『血界戦線』技名を叫んでから殴るラジオ!

TVアニメ『血界戦線』公式ツイッター

TVアニメ『血界戦線』公式Facebook

©2015 内藤泰弘/集英社・血界戦線製作委員会


1 件のコメントがあります

  1. […] れました。 ポイント3「最強の制作スタッフが集結!!」 ここで、会場のスクリーンにてスタッフ陣を紹介。 [引用元] Anime Japan 2015 TVアニメ『血界戦線』スペシャルステージ レポート […]

One pingback/trackback

  1. Anime Japan 2015 TVアニメ『血界戦線』スペシャルステージ レポート | スゴスポ・ゴシップニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top