茜屋日海夏さんら「i☆Ris」6名も登壇 『劇場版プリパラ み~んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ』舞台挨拶リポート

20150307_01

2015年3月7日、『劇場版プリパラ み~んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ』の公開を記念して、東京・新宿バルト9においてスタッフ・キャストらによる舞台挨拶が開催された。

ステージには劇場版『プリパラ』監督・菱田正和氏、メインキャストを務める声優の茜屋日海夏さん(真中らぁら役)、芹澤優さん(南 みれぃ役)、久保田未夢さん(北条そふぃ役)、山北早紀さん(東堂シオン役)、澁谷梓希さん(ドロシー・ウェスト役)、若井友希さん(レオナ・ウェスト役)らが登壇。

MCにテレビ東京アナウンサーの紺野あさ美さん、ゲストにTVアニメEDも担当しているガールズダンス&ヴォーカルユニット「Prizmmy☆」を迎え、劇場に集まった大勢のファンを前に、劇場版『プリパラ』の公開初日を華やかに盛り上げた。

 
(以下、敬称略)
 

スタッフ&キャスト 舞台挨拶

まもなく舞台挨拶というところで、スタッフから「もう少々お待ちください」のアナウンスが掛かった。それに観客らが「かしこま!(ポーズ付き)」で応える、といういかにも『プリパラ』らしい光景からスタート。

その後、MCを務める紺野あさ美(テレビ東京アナウンサー)の呼び込みで、茜屋、芹沢、久保田、山北、澁谷、若井、Prizmmy☆ れいな、かりん、みあ、ひな が登壇。まさに映画を見終わったばかりの観客たちに大きな歓声で迎え入れられた。続いて、本作の監督を務めた菱田正和が登場。声優陣やPrizmmy☆に負けない声援を受けていた。

 

続けて、キャスト陣から各自の演じるキャラクターの声を交えた自己紹介が入り、客席は大いに沸いた。もちろん、Prizmmy☆も自己紹介。かりん、みあ、れいな、ひなが、それぞれのキャッチコピーを盛り込みながらご挨拶。そして最後は、監督の菱田正和が、観客とキャスト陣の声援を受けながら挨拶した。

 

MCの紺野から、キャスト陣に向けて着用している衣装についての話題が振られた。これは、2014年12月13日におこなわれた「プリパラ&プリティーリズム クリスマス☆パーティー」で着用されたキャラクター衣装で、この舞台挨拶でも観客らを作品の世界に引き込むため着用してきたのだという茜屋による解説。他のキャスト陣も力を込めて同調していたのが印象的であった。

 

今回の劇場版は、4つのストーリー(ルート)が用意されているということもあり、キャスト陣も楽しんでいきたい、と若井からのコメント。週替り公開となる別ルートの話も交えた感想が述べられた。

また『プリパラ』のライブ映像がたくさん入っており、らぁらとみれぃの「ま〜ぶるMake up a-ha-ha!」や、そふぃの「太陽のflare sherbet」、そふぃの姉であるコスモのライブが見られたりと、見どころが盛りだくさんである、と久保田。

 

紺野から “アイドルがいっぱい集まる最高にアゲアゲなライブを大スクリーンで楽しむことができる” というコンセプトについて質問がされると、キャスト陣は「皆さん、アゲアゲですよね!」「テンションマックスー!」と客席に声掛け。客席からは大歓声と拍手が巻き起こった。

それを見た紺野は「これがアゲアゲということなんですね」と、客席とキャスト陣の一体感に感心している様子であった。

 

イチオシのライブ曲について聞かれると、芹澤と山北が『レインボーライブ』の「ハート♥イロ♥トリドリ〜ム」について触れ、山北演じるシオンにとってキーの高い曲になったことから「いい感じの味を出している」というコメント。キャスト陣で汗をかきながら歌ったという思い出も語られた。

 

毎週、全国5つの劇場で開催される「アイドルおうえん上映会」について聞かれると、茜屋は、好きなキャラクターのペンライトの色を灯して応援して欲しい、とコメント。芹澤からは、公式のペンライトについて触れ、上映中のライブシーンではペンライトの色指定があるので、その色で振ればより一段と楽しめるのでは、と提案があった。公式ペンライトは、公開中の劇場で、パンフレットとセットにて販売中 (劇場版プリパラ パンフレットデラックス ペンライト付き)。おうえん上映会に参加する際は、是非とも手に入れておきたい。

 

本作『劇場版プリパラ み~んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ』は、週替りで「別ルート」が上映されるという手法が取られており、今後、4作まで順次公開されていく。MCの紺野から、それぞれの説明がおこなわれた。

 

【A】ラブリードリームツアー
プリズムショーの初級編。ビギナーのかたも楽しめる王道ソングた盛りだくさん。あいら、みあ、なる の、かわいくてキュートなパフォーマンスは要チェック!

【B】パーフェクトスターツアー
美しく優雅で、まさにパーフェクトなパフォーマンスが勢揃い。じっくり観て楽しもう。

【C】スーパーミラクルツアー
プリティーリズムの奇跡がよみがえる。ちょっぴり笑えて感動する、ミラクルなエピソードがたっぷり!

【D】胸キュン!プリズムボーイズツアー
4つ目のドアは禁断の扉……?カッコよくて胸キュンなライブで、一緒にパラダイスへいこう!

これらの紹介で、男性観客の多くは『胸キュン!プリズムボーイズツアー』に大反応。大変な反響と拍手があった。キャスト陣も『胸キュン!プリズムボーイズツアー』では、収録時にガヤとして参加し、ヒロ様への愛を存分に口にできたとのことである。

 

菱田監督は「1週目の王道は序の口。これからが本番なので、ルート1は3回、ルート2は4回、ルート3は5回見て欲しい。ルート4は、上映回全部見て欲しい」と自信のコメント。観客が頷きながら拍手を送っていたのが印象的であった。

 

今月は「プリパラ キャラクターショップ」が東京と福岡にオープン、春からは新シリーズもスタート予定、また本作でメインキャストを務める茜屋ら6名によるユニット「i☆Ris」も4月から5月にかけて全国ツアーをおこなうなど、話題が尽きない『プリパラ』。その快進撃に、ますます目が離せない!

 

20150307_02

▲ フォトセッションでは登壇者が、らぁらの「かしこま!」を決める一幕も。

スチール&ストーリー

puri_bamen_01

puri_bamen_02

待望の劇場版『プリパラ』では、王道ストーリーの「ラブリードリームツアー」、今までの「プリズムの輝き」を紹介する「パーフェクトスターツアー」「スーパーミラクルツアー」、男性アイドルが魅了する禁断の「胸キュン!プリズムボーイズツアー」の4つの上映ルートが週替りで上映される。また、「プリチケ」仕様になっている前売り券など、アミューズメント要素も盛りだくさん。ノンストップで贈る「プリパラ」アイドルたちのライブシーンは、子供はもちろん、大人にも楽しめる内容になっている。上映館によってはサイリウムの使用や声援が許可されている(※)ので、スクリーンのアイドルたちを客席からも応援しよう。映画は2015年3月7日から全国の映画館で順次上映開始される。
※サイリウムの使用や声援は、上映館の状況と係員の指示に従って下さい。

 

『劇場版プリパラ み~んなあつまれ!プリズム☆ツアーズ』公式サイト

タカラトミーアーツ『プリパラ』スペシャルサイト

© T-ARTS / syn Sophia / 劇場版プリパラ


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top