[ 特集:M3 ] 10年分のAKIBA-POP! これからも「好きなもの」を音に変えて。 ―― MOSAIC.WAV み〜こ インタビュー

10月26日(日) 東京流通センターでおこなわれた、日本最大の音楽同人イベント「M3」の会場に、電波ソング&秋葉原系ソングの旗手ともいうべき、MOSAIC.WAVを訪ねた。

折よく、ボーカルのみ〜こさんにお会いすることができ、インタビューを受けてもらえた。

数々の人気ゲームの主題歌や、アニメ・マンガなどの楽曲を手がける MOSAIC.WAV。

今回のインタビューは、まだMOSAIC.WAVの音楽に触れたことのない人へ向けて、彼女たちを紹介する入門編となっている。

 

 

20141026_02-01

(以下、黒字:み〜こさん青字:インタビュアー)

 

ーー 宜しくお願い致します。

宜しくお願いします!

 

ーー MOSAIC.WAVの紹介をお願いします。

MOSAIC.WAVは、声優兼ボーカルのみ〜こと、キーボード奏者兼作曲・編曲などを担当する柏森進の2名による音楽ユニットです。

アニメ・ゲームに代表されるようなオタク文化や、はたまた “擬人化” とか、そういったサブカルチャー要素を目一杯詰め込んだ楽曲を制作して、みなさんにお届けしています。

とにかく、賑やかに! 元気に! を目指しています。

 

ーー MOSAIC.WAVの楽曲は「電波ソング」である、とよく聞きますが、電波ソングとはどんな楽曲なのでしょうか。

様々な捉え方があると思います。

ミニマル・ミュージック派生の反復的な音の出し方であるとか、コールを多用する構成であったり、ということが一般的な捉え方かもしれません。

 

ーー なるほど。では、MOSAIC.WAVの考える電波ソングとはどういうものでしょうか。

楽曲を制作している柏森は、電波ソングは “偶然性の音楽” の要素が強いと捉えているようです。

先にお答えしたとおり「電波ソング」にもある種の枠組みが生まれてしまったのですが、もともと電波ソングは、枠組みにはめ込んで狙って作るものではないように思います。

柏森の言葉を借りると「狙って作ると “ウソ” っぽい」電波ソングになってしまうんです。

ですが、あえて自分たちのサウンドに限定して定義するのであれば、POPサウンドの「裏」である「アウトサイド」……それが電波ソングだと考えています。

 

ーー MOSAIC.WAVの音楽の聞きどころを教えてください。

私と柏森とふたりだけでボーカルも収録しているのですが、途中途中で含まれる合いの手やコーラスなども多重録音を駆使して、もちろんすべて私と柏森だけで録っています (笑)

そういった良い意味での「ケレン味」の部分は、是非聴いてほしいポイントですね!

 

ーー MOSAIC.WAVは「WE LOVE AKIBA POP!」というキャッチフレーズを掲げていたり、秋葉原系サウンドというジャンルで括られたりします。秋葉原という土地に対して思い入れはありますか?

もともと、私も柏森もアニメ・ゲームが大好きでしたから、活動するのであれば自分たちのフィールドがいいなと。

いわゆるオタク文化の憧れとか、想いとか、哲学とか、欲望とか、そういったものを全部包んでくれるのが “秋葉原” という場所なんだと思います。

ですから、MOSAIC.WAVも “秋葉原(AKIBA)” を、土地だけの意味合いとしてではなく「概念」としても、標榜していけたらいいなと考えています。

 

 

20141026_02-02

▲ 13th シングル「MUSIC FOR RIDING!」。み〜こさんが趣味にしている “自転車” をテーマにした1枚。

ーー キャッチフレーズにも含まれている AKIBA POP という意味を教えてください。

POPというのは「大衆」とか「一般」ということなのですが、AKIBA が付くことで、一種「カウンターカルチャー」の要素を含ませました。

一般の人にとっては「アキバは特殊」なのかもしれませんが、私たちにとっては「アキバが普通」なんだよ、という意味を込めています。

ただ、この10年くらいで秋葉原の立ち位置も代わってしまい、アニメやゲームが「特殊」だった時代から、徐々にそれが「一般化」してきた感はありますね (笑)

 

ーー 日本のオタク文化は、海外に向けても発信されています。MOSAIC.WAVの海外展開はいかがでしょうか。

2009年、フランスのJAPAN EXPOに参加しました。

現地でも、アニメ『すもももももも』のオープニング曲「最強○×計画」や、ゲーム『ふぃぎゅ@メイト』の「ガチャガチャきゅ〜と・ふぃぎゅ@メイト」などは、ご存じのかたも多かったですね。

また、フランスでは楽曲が手に入らないよ、という声も多く聞かれましたので、オリジナル楽曲は海外通販をしていますし、タイアップ曲も許諾をもらえたものは通販をしています。

もちろん iTunes store では、全曲の配信を網羅していますので、海外のかたにも私たちのサウンドを耳にしてもらえれば嬉しいです。

 

ーー MOSAIC.WAVの作り出すサウンドは、かなりコアな音楽だと思っていますが、どのあたりを入口にして聴いていけば良いのでしょうか?

難しい質問ですねー (笑)

MOSAIC.WAVのサウンドは、トラックをどんどんと重ねていく手法で制作していますので、例えば、1フレーズに注目して聴いてもらうとか……もっと端的にいえば「あっ、この電子音かわいい」とか、そういったライトな部分からスタートしていただければと思います。

繰り返し聴いているうちに (聴こえる) 音が増えてきて、全体を捉えられるようになってくるのかな? って。

 

20141026_02-03

▲ 8周年記念アルバム「AKIBA-POP √RECOLLECTION」。

ーー これからCDを購入しようと考えている人にオススメの1枚を紹介してください!

8周年記念で制作した2枚組のアルバム「AKIBA-POP √RECOLLECTION」です。

DISC 1 は「元気」を、DISC 2 は「電気」をテーマにした楽曲を揃えました。

……あっ、1枚じゃないですね (笑)

アニメタイアップ曲やゲームタイアップ曲など、MOSAIC.WAVの活動を代表する楽曲群を勢揃いさせ、そこに新曲を加えた「ベスト盤+α」という構成にしています。

「AKIBA-POP √RECOLLECTION」を聴いていただければ、MOSAIC.WAVを深く理解していただけるのではないかと思います。

ネットで試聴できる楽曲もありますので、一度、私たちのサウンドに触れてみてくれると嬉しいです!

20141026_02-04

▲ 10周年記念アルバム「Astronomical Φ AKIBA- POP!!」

ーー ついに活動が10年を越えました。MOSAIC.WAVが目指すところはどこでしょう? 意気込みも聞かせてください。

今後も「自分の好きなもの」を中心に据えて、楽曲制作に臨んでいきたいと思っています。

流行に流されるのではなく、好きなものを突き詰めて作ることで、その「好きなもの」に対する自分の想いを伝え、聴いている人が「これはどういうものだろう?」と思ってくれる、興味の取っ掛かりになれればいいと思っています。

これから先も、自分の妄想を爆発させながら音楽活動していきますので、みんな笑顔で付いてきてくれると嬉しいな!

 

ーー み〜こさん、ありがとうございました!

ありがとうございました!!

 

 

[ 取材・撮影 amiamiblog.com / amiami hobby news ]

 

ホビーショップあみあみでのご購入はこちらから。


この記事に対するコメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Top